「ハンパな優等生」が職場で嫌われる4大理由

会議では「解説」ばかり…あなたは大丈夫?

最後は、「ハンパな優等生」ほど、「会議では『意見』を言わずに、ひたすら『解説』をする」ことが多いということだ。

【4】会議では「意見」を言わず、「解説」ばかりしている

会議などで自分の「意見」を言うと、必ず何らかの「反応」がある。

賞賛を受けたり、意見が採用されたり、同じ意見の知己を得ることもあるだろう。逆に反論されることもある。攻撃してくる人もいるだろう。会議では当然のことである。しかし、「ハンパな優等生」には、「意見」を言わずに、議論の「解説」に徹している人が多い。

反論の攻撃にあうくらいなら、黙っていたほうが無難だし、だいたい熱くギャーギャー意見を言う人より、ちょっと斜に構えて静かに解説したほうが、頭がよさそうに見える。上司の意見の後だと、上司からいい印象を持ってもらえるかもしれない――。

しかし、それは危険だ。最初は「意見はあるけれど、今は言わないでおこう」だったのが、それを重ねるうちに、自分の意見を考えなくなる。さらにそれが続くと、言いたくても意見がなくなってしまうのだ。

勘違いしてはいけない。「解説」するのはアウトプットではない、「意見」を言うのがアウトプットなのだ。

「自分の意見」を持つことは、「自分のビジョン」を持つことであり、「ミッション」を持つことであり、「さまざまな判断の基準」を持つことだ。それがあればこそ、さまざまな「アイデア」「発想」が生まれる。

はじめはよくても、「解説」ばかりで新しいアイデアも発想も言えないままでいると、いずれは上司や仲間にも見透かされてしまう。どんどん信頼も薄らいでいってしまい、かくして、「ハンパな優等生」はハンパに終わってしまうのである。

「ハンパない優等生」か「ハンパないオタク」になれ

かつて、高度成長期は「ハンパな優等生」が大量にいればよかった。大量生産の時代は、前例に従い、そのとおりに迅速に、ミスなくできる人材がたくさんいればよかった。

しかし、イノベーションが求められる今は違う。「今ないもの」「今あるものから外れているもの」「今あるものを超えるもの」を夢想し、見つけ出し、創り出す力が求められている。そういうある意味、「異端の人材」が求められている。

これからは「ハンパな優等生」は必要ない。今、必要なのは、オールラウンドな「本当に優秀な、ハンパない優等生」か、そうでなければ、ある分野においてのみ知識と情熱が突出している「ハンパないオタク」のいずれかだ。

そういう人が、「今ないもの」「今あるものから外れているもの」「今あるものを超えるもの」を夢想し、見つけ出し、創り出していけるのだと思う。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。