「ハンパな優等生」が職場で嫌われる4大理由

会議では「解説」ばかり…あなたは大丈夫?

3つ目は、いま述べた「想像力」にもつながることだが、「ハンパな優等生」ほど、往々にして「自分ひとりでやることにこだわりがち」だ。

重要なのは「プロセス」より「アウトプット」

【3】周りに助けを求められず、自分で抱え込む

「自分ひとりでやることにこだわりがち」ということも、ハンパな優等生には多い傾向だ。

例えば、締め切り近くなっても担当させた仕事ができてこない。どうしたんだと聞くと、「よくわからなくて苦労している」とか「思ったよりハードでなかなか進まない」などという返答がくる。

「もっと早く言ってくれたら手を打つことができたのに……」と、結局チームメンバーや上司が尻ぬぐいすることになるわけだが、どうしてそうなってしまうかといえば、周りに助けを求められず、自分ひとりで抱え込んでしまいがちだからなのだ。

確かに、学校の勉強ならそうだったかもしれない。自分でやることに意味があった。お金を払って自分のために勉強していたのだから、当然だ。人に手伝ってもらっては力がつかない。

しかし、会社の仕事となると、状況は変わる。仕事は、お金をもらって、お客さまとの約束を果たすために会社としてやっているのだ。目的は、期日までに商品を納品することで、誰がどうやろうとお客さまにとっては関係ない。問われるのは「アウトプット」であって、「プロセス」ではない

ところが、「ハンパな優等生」ほど、肝心の「アウトプット」より「プロセス」を重視してしまうことが多い。そこには、頭を下げて周りに助けを求められないという「プライドの高さ」もあれば、「自分ひとりでやり遂げることが偉い」という思い込みもあるだろう。

そして、「ひとりでやらないといけないという『学校の勉強の呪い』」から逃れられないでいるからという場合も多いのだが、これでは仕事にならない。

こんなことばかり続いてしまうと、結果的に仕事は任せられなくなってしまうのである。

次ページ会議で「解説」ばかりしていない?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衝撃!住めない街<br>自然災害・人口減を甘く見るな

東京・江東5区や川崎など、首都近郊でひっそりと「住めないエリア」が広がっています。近年の大規模災害で補修が追いつかないところに、人口減少、インフラ老朽化などが重なり、苦悩する街。その現実と、日本人の「住まい方」を考えます。

  • 新刊
  • ランキング