スーツさえ着ればOKじゃない時代の着こなし術

色や柄、生地を工夫するだけで印象が変わる

シャツとジャケットの間にカラーニットを挟むだけで存在感が生まれます(写真:筆者提供)

かつてスーツ一辺倒だった時代。ビジネスマンがスーツを着る理由は、「マイナス要素を完全に排除すること」だったといっても過言ではありません。スーツをエレガントに着こなすことが、相手に対する敬意として受け取られていたからです。ところが、ビジネスファッションが多様化した昨今においては、この方針が必ずしも通用しません。

ノーネクタイはもちろん、会社によってはTシャツやスニーカー、ジーンズまで許容されるケースも少なくなく、取引先がカジュアルな格好ならば、スーツ姿が場違いに映ることもありうるからです。

大勢の人がいる交流会で役立つオフィスカジュアル

「清潔感が大切だ」ということは誰もが知るところですが、「清潔感がある人」というだけでは、無味無臭な印象でしかありません。拙著『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』に詳しくはまとめていますが、ビジネスファッションの正解が1つではなく無数にあるからこそ、清潔感と同様に「存在感の工夫」が重視されつつあります。「目的に応じて、着こなしに主張が求められる」ということです。

例えば、人が大勢いる交流会で、相手に自分を印象づけるためには「色のチカラ」を活用します。ジャケットとシャツの間に1枚カラーニットを挟むだけで、相手の記憶に残る「存在感」が生まれます。これは「挿し色」と呼ばれる手法で、色彩心理学の活用です。

スーツにネクタイという画一的なファッションの中で、こうした手法を採ると余計なノイズになってしまいますが、今は「マイナス要素を排除すること」に加え、「プラス要素を加えること」が差をつけるのです。

次ページプレゼンするときに役立つオフィスカジュアル
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT