スーツさえ着ればOKじゃない時代の着こなし術

色や柄、生地を工夫するだけで印象が変わる

また、生地の質感も印象に影響を及ぼします。厳粛な雰囲気を醸し出すツルっとしたスーツ生地に比べ、ジャケット生地はザラっとした織りのあるものが多い。同じウール生地であっても、糸の紡ぎ方が違うため表情に違いが生まれます。このザラっとした表情は、親しみやすい印象を醸し出します。

レセプションで役立つオフィスカジュアル

レセプションパーティーにおいても、オフィスカジュアルは活躍します。「平服でお越しください」という文言を招待状で見かけますが、これはドレスコードです。「スーツを着ていれば間違いない」という考えもありますが、ジャケットにスラックスというスタイルは「スマートカジュアル」と呼ばれる平服です。

『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

このとき、スーツに見劣りしない華やかさを演出するため、ポケットチーフを挿します。シルク・ウール・リネンのチーフがありますが、季節を問わず、リネン(麻)はフォーマルの象徴です。「スクエア」と呼ばれる挿し方がよく合います。ハンカチのように折りたたみ、ポケットに入るよう長方形にし、胸ポケットから7ミリ~1.2センチ程度チラッと見せる挿し方です。

一方、フランネルジャケットと呼ばれる「秋冬の毛羽立ち生地」にチーフを合わせるときは、同じくウール素材で合わせてみましょう。温かみのある印象に仕上がります。

多様なファッションが許容されてきているからこそ、「スーツさえ着ていればOK」ではなく、顧客や職場に合わせて「スタイル」を変える柔軟性が、これまで以上に求められています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。