人によって感じる「シニア独特に臭い」の正体

日本では「加齢臭」は偏見の対象になっている

高齢者は「独特の臭い」がするのは本当か幻想か(写真:8×10/PIXTA)

昨年、夫と長旅をした際に、自宅を改装中だという高齢のカップルに留守宅を貸したところから話は始まる。

1カ月後、旅から戻ると家はちり1つなく掃除されていて、ちょっとしたプレゼントが2つ、残されていた。だが家の中にはいつもと違う臭いが漂っていた。たとえて言うならイチゴの入った段ボール箱を開けたときに一瞬、漂うカビ臭のような、甘さが混じったよどんだかすかな臭いだ。

「臭い」に対する意見はまちまち

私は調理台の上を拭き、床にはモップをかけたが、それでも臭いは消えなかった。耐えられないほどではないが、奇妙で鼻につく人間の臭い。その日の夜遅く、私は後ろめたい気分を抱えつつ、グーグルでこんな検索をした。「お年寄りは臭うのか?」

出てきた検索結果は、臭うというものもあれば、臭わないというものもあり、まちまちだった。

次に私は、女性ライターのグループ(年齢は40~70歳)にこの問いを投げかけた。返された反応は見事にバラバラだった。若い人たちは「臭う。加齢に伴う体臭は存在する」と主張した。一方、年長の人々からは「高齢者に対する偏見」に思えるという声が上がり、中には怒った人もいた。

52歳の私としても心穏やかではいられない話だし、情報が欲しかった。もし自分の体臭を改善するために今後、やれることがあるのなら知っておきたい。そこで私は2人の専門家に話を聞いたが、ここでも意見は真っ二つに分かれた。

次ページ特定の臭いは時と場所によって印象が悪くなる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。