東京生まれ42歳の彼がタイに見つけた居場所

高校中退後に単身渡り、天職と家族を築いた

例えば、タイでは人が亡くなった場所、あるいは霊が現れると言われているスポットには、なぜかシマウマの人形を置く風習がある。タイにはいないシマウマの人形を置くとは、とても変わった風習だが、なぜシマウマを置くのだろうか? その真相を知っている人は実はタイ人でもあまりいないそうだ。

この連載の一覧はこちら

疑問を持った高田さんは大勢のタイ人に話を聞いて、いくつかの結論に至っている。タイ人にも知られていない事実に迫る。まさに、タイに深く根差しているからこそできるルポルタージュだ。

今回はたまたま日本を訪れていたときに時間をもらい、なぜタイ在住のライターになったのかを聞いた。

信条は「嫌なことからは逃げる」

高田さんは東京都足立区に生まれた。

あらかわ遊園の近くで生まれ、花畑団地で育った。

「子供時代は普通の子だったと思います。ただ将来の夢は船乗りでした」

小さい頃から遠出をしていた。

小学校3~4年のとき、映画を見に行くときは、近場の上野の映画館をスルーして銀座の映画館まで見に行っていた。

「親と『E.T.』や『南極物語』を銀座で見た思い出があったので、わざわざ遠い映画館まで行ったのかもしれません。

でもそうやって遠くに行くのは全然平気でしたね。海外へ出る下地はその頃できたのかもしれません」

船乗りになりたかったから、高校は海洋学科のある学校に進学しようかと思ったが、結局は普通科の高校に進むことにした。

小さい頃から成績はよく、地元ではトップレベルの高校に進学することができた。

「進学はできたんですけど、なんだか16歳のときに燃え尽きてしまったんです。僕は『嫌なことからは逃げる』というのを信条にしているので、そのときも逃げました」

高田さんは「嫌なのに頑張る」というようにはしたくないと思っている。どうせ頑張るなら、いったん逃げて他の場所で頑張ったほうがいい。

だから、あっさりと高校2年で高校を中退してしまった。

「親は教育関係の会社で働いている人でしたから、少々小言は言われましたね」

次ページ高校を中退した高田さんに母親は…
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
東芝vs.モノ言う株主<br>取締役選任案めぐる攻防戦

ガバナンスの強化などを求める「モノ言う株主」から、取締役の選任を要求された東芝。反対表明と同時に、約40%を保有するキオクシアHD( 旧東芝メモリ)株の売却による株主還元方針も発表しました。7月末の株主総会は将来を決める試金石となります。