期待の新人が「期待はずれ」に終わりがちな理由

「人気」と「評判」をはき違えていませんか?

仕事というのは、決して会社の中の人間関係だけで完結するものではありません。ほかの部署との連携はもちろん、社外の人といかにうまく協働していくかということが問われます。仕事という意味で長期的に見たときには、直属の上司や部署の同僚の間で人気者になることには、さほど意味はないのです。

「人気者」が気をつけておくべきこと

コミュニケーションに長けた「人気者」タイプの人は、入社1年目にはとくに、「人気」にかまけないように自制しておくことをおすすめします。というのも、仕事を通じてじっくり「評判」を高めていかなければいけないときに、身近な人からの「人気」が足を引っ張ってしまうことがあるからです。

周囲の人から「人気」を得て、それを維持することは、長期的に見たときには、その人の成長を妨げてしまうことがあります。上司や同僚から期待されるキャラクターを演じ、ポジションをキープすることに時間をとられ、自分の枠組みを超えた役割や仕事に取り組むという、いわゆる“脱皮”の機会を失ってしまうからです。

それはいわば、周囲から期待される「仮面」に自分自身を乗っ取られてしまうということです。本当であれば、いろんな経験を積まなければいけない時期に、いつも周囲から期待されるキャラクターを演じるばかりで、自分の枠の外に出られなくなってしまう。まるでサイドブレーキを引いたままの自動車のように、仕事で成果を上げ、成長していくことが難しくなるのです。

能の「調伏曽我(ちょうぶくそが)」という演目の、不動明王役に使われる「不動」という面があります。この面には、室町時代、名役者と言われた金剛氏正が、この面をつけて舞ったところ、顔から外れなくなり、無理に取ったところ、血痕が残ってしまったという「肉つき面」の伝説があります。

『グイン・サーガ』、手塚治虫の『火の鳥』や『ジョジョの奇妙な冒険』など……、フィクションの世界では、仮面や獣の皮をかぶって、それが外れなくなってしまう人物の例がよく出てきます。昔から人は自分の演じる役割、すなわち「仮面」に支配されてしまうことの恐ろしさに、注意を喚起してきたわけです。

もちろん、最初から最後まで「社内の人気者」として生き抜いていく、という人もいます。でも、それは芸能人としてメディアで活躍してもおかしくないぐらい、特異なレベルのコミュニケーション能力を備えた人だけです。ある種の「コミュニケーション・アスリート」でなければ、周囲から期待されるキャラクターを維持し続けることは難しいものなのです。

次ページ評判はルーティンワークで上げていく
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT