マツダ「CX-30」のデザインは、何が売りなのか

ボディサイズに込められた深い意味とは

カラーコーディネートも凝っている。黒一色というインテリアはCX-30には存在せず、ベースグレードでも一部にブルーをあしらい、中間グレードのプロアクティブではブラックに加えグレージュ(グレーとベージュの中間色)のシートが選べるようになり、上級グレードのLパッケージはブルーの代わりにブラウンを配し、ホワイトあるいはブラックのレザーシートを組み合わせている。

CX-30のシート(写真:マツダ)

多くのブランドでSUVはハッチバックやセダンより上級に位置づけられる。マツダも例外ではないことが、マツダ3より贅沢な造形や色彩に表れている。

室内空間は前後席に身長180cm級の人が楽に座れる広さを目標にしたというとおり、リアシートは低めに座るマツダ3とは対照的に、高めで見晴らしがよく、座面や背もたれの傾きもあり、細かい部分ではつま先が前席下に楽に入るなど、ファミリーユースに対応できると感じた。荷室容量は定員乗車時でも430リッターと、このクラスの平均レベルにあるうえに、パワーリフトゲートを装備して上級志向もアピールしている。

CX-30発売後もCX-3の販売は継続

ところがここまでの内容を持ちながら、価格は2リッターガソリン車の前輪駆動車で239万2500円からと、同じエンジン・駆動方式のCX-3より20万円以上高いものの、逆にマツダ3ファストバックよりは10万円以上安い。マツダ3には1.5リッターガソリン車もあるが、内容を考えるとCX-30に割安感を抱く人が多いのではないだろうか。

ちなみにCX-30発売後もCX-3は販売を続ける。最初に書いたように車格が違い、ボディサイズも全高以外は小柄であるが、キャラクターの違いも大きい。サイズとパッケージングを重視したCX-30に対し、CX-3は今風に言えばSUVクーペっぽいフォルムを持っているからだ。SUVマーケットは拡大が進んでいるので、CX-3はさらにパーソナル性を高める方向で進化すれば、存在感を高められるだろう。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。