マツダ「CX-30」のデザインは、何が売りなのか

ボディサイズに込められた深い意味とは

一方でルーフラインはCX-3やマツダ3より直線に近い。こちらはパッケージングを考慮した結果であり、アンテナもほかのマツダSUVが使うシャークフィンタイプではなく、リアウインドー埋め込みとしている。

ただしそのままでは箱っぽく見えてしまうので、リアクォーターピラーは横から見ても後ろから見ても角度をつけ、リアコンビランプを高い位置に置くことで、フェンダーの張り出しを強調する造形になっている。

曲線を多用したインテリア

フロント回りはほかのマツダ各車と似ているものの、マツダ3と比較すると、ナンバープレートがグリルの中から外に出ていることが目立つ。マツダ2とCX-3、「マツダ6(旧アテンザ)」と「CX-5」の対比でも同じで、SUVのノーズの高さ故の処理であるが、こちらのほうがいいと感じるユーザーもいるはずだ。

CX-30の車内の様子(写真:マツダ)

インテリアは当初、プラットフォームを共有するマツダ3と共通だと想像していた。同クラスのハッチバックやセダンとSUVで共通部分を多くすることは他車で実践しているからだ。しかしCX-30はマツダ3と造形や色彩を変えてきた。これはマツダ2とCX-3の対比でも見られることだ。

メーターやセンターコンソールはマツダ3と同一だが、インパネやドアトリムは水平基調のマツダ3に対し、CX-30はインパネからドアトリムに流れ落ちるラインをはじめ、曲線を多用している。シート高が違うので独自の眺めにしたそうだ。

次ページ凝っているカラーコーディネート
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ニッポンの出産は安心・安全なのか
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頂上決戦!ユニクロvs. ZARA<br>ファストファッション新時代

「フォーエバー21」が経営破綻し「H&M」も販売不振。世界のアパレル市場をリードするのは、首位を独走する「ZARA」と、猛追する「ユニクロ」となった。両社に加え、新興勢力の「ワークマン」「デカトロン」も含めた勝ち残り合戦を追う。