シンクタンクこそ女性の力をもっと活かせる訳

政策起業力持つ人材を育てなければならない

船橋:今井さんがいらしたシンクタンクは日本では数少ない独立系で、今井さんは理事としてその中心におられたわけですが、シンクタンクの使命とか役割、原点といったことについて、議論はされていたのですか。

シンクタンクの旗

今井:今、日本のシンクタンクの役割として、政策コミュニティのみなさんがほぼ一致しているのは、日本が直面している課題は少子高齢化であり、人口増が前提だった高度成長を追い求める世の中の仕組みを変えて、少しの人数でみんなが幸せになれる新しい仕組みと、それに移行していく方法を考えよう、ということではないでしょうか。

それぞれのシンクタンクの原点とか「らしさ」、DNAのようなのものは、その移行のための方策、つまり政策研究や提言の中に現れてくるのだと思います。

それには「独立」思考はとても重要ですが、これが意外と難しい。賛否両論を載せて中立・中庸を説くのでは政策として意味がないわけで、必ずどこかでポジションを取っていかなくてはなりませんが、旗幟鮮明を取れば、リスクも伴うということで。

船橋:そりゃそうだ。

今井:明確に旗を掲げないまでも、例えば、アメリカのブルッキングズ研究所のようなDNAがありますねとか、ヘリテージ財団のようなDNAがありますねとか、そのような伝統なり風土のようなものは、何十年もかかって自然とできるものですから、そこは諦めずに政策研究を繰り返して、「らしさ」を蓄積していくしかないのだろうと思います。

船橋:確かに、政策に政治的中立はありえませんね。独立系のシンクタンクの苦悩がよくわかりました。本日はありがとうございました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。