「ESGを重視する企業」ランキングトップ200社

環境・社会・ガバナンス視点で評価高い企業は?

ESG投資のイメージ画像(写真:Thithawat_s/iStock)

環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の頭文字を取ったESG投資が国内外で広がりを見せている。日本ではGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)が2017年にESG指数を選定し、本格的にESG投資を開始したことから注目度が高まってきた。

東洋経済新報社も独自の調査票で集めた日本最大のCSRデータベースを基に環境(E)、社会性(S)、企業統治(G)に加えて人材活用(H)の4つの評価軸で「東洋経済CSR評価」を作成。「会社の基盤は人」という考え方を基本に、ESGのベースとして人材活用(H)を重視し、「ESG-H」という枠組みで2006年以来、企業評価を13回実施してきた。

ESG企業ランキングで上位となった企業

この評価データを使い2016年からESGに優れた銘柄選びも開始した。対象は『CSR企業総覧』(雇用・人材活用編)(ESG編)2019年版掲載の1501社で環境(28項目)、社会性(30項目)、企業統治(38項目)、人材活用(45項目)の4分野で評価。それぞれ100点満点で、合計400点満点のランキングを作成した(各分野の評価項目はCSR企業ランキングの説明を参照)。

『CSR企業総覧』(東洋経済新報社)。書影をクリックすると東洋経済STOREのサイトにジャンプします

株式投資が主な目的のため、代表的な投資指標であるROEが5%未満は除外。CSR企業ランキング2019年版の財務評価と同じく2018年3月期までの3年平均を使い、CSR得点と高ROEが両立した銘柄を選定した。

これらESGに優れた上位200社を最新版「ESG企業ランキング」としてご紹介する。参考情報としてCSR企業ランキングの順位も併せて載せた。なお、上位500位までのランキングは『CSR企業白書』2019年版に掲載しているので参考にしていただきたい。

このランキングは今回で4回目。1回目は2016年に東洋経済オンラインで発表し、2回目以降は『CSR企業白書』に詳細を掲載している。興味のある方はそちらもご覧いただきたい。

では、ランキングを見ていこう。総合ランキング1位は昨年に引き続きSOMPOホールディングスで395.4点。環境100.0点、社会性97.5点、企業統治97.9点、人材活用100.0点といずれも高得点だった。

次ページSOMPOホールディングスの取り組みとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT