ECB分裂騒ぎで、ラガルド新総裁は慎重な船出に

ドラギ流突破にドイツ出身理事が抗議の辞任

あと2年以上の任期を残して辞任したラウテンシュレーガー理事(写真:ロイター/HEINZ-PETER BADER)

9月25日、ECB(欧州中央銀行)はドイツ出身のザビーネ・ラウテンシュレーガー理事が2022年1月の任期満了を待たず、10月末に退任すると発表した。理由は明らかにされておらず、同氏がECBスタッフに宛てた電子メールでは「現状を踏まえ退任は最善の行動」と記述されていたという。理由は示されずとも、間違いなく現行の政策運営への抗議辞任であろう。

後任としてはドイツ連邦銀行副総裁のクラウディア・ブッフ氏やドイツ経済諮問委員会のメンバーを務めるイザベル・シュナーベル氏などの名が挙がっている。ドイツ出身者でなければならないというルールはないが、ラウテンシュレーガー理事が辞めると、常時投票権を有する役員会メンバーからドイツ出身者がいなくなる。そうした事態が許容されるとは考えにくく、ドイツ出身者を探る線で話が進むだろう。

「ドイツの乱」はこの10年で3回目

ECB政策理事会における「ドイツの乱」はこれが初めてではない。少なくとも緩和をめぐる抗議辞任は過去10年で3回目となる。

2011年9月、ドイツ出身のシュタルク理事が「個人的な事情」で任期満了前に辞任している。これは当時のECBが決定した証券市場プログラム(SMP)再開への抗議辞任だったと言われている。

ちなみに、この7カ月前の同年2月にはウェーバー独連銀総裁(当時)も任期途中での辞任を表明しており、これもSMPに抗議しての辞任だったと目されている。トリシェECB総裁(当時)の後任(2011年11月就任)はドラギ伊中銀総裁(当時)ではなくウェーバー独連銀総裁だと言われていたので、この抗議の辞任はECB総裁の椅子を蹴るという行為も含む、相当に強いものだと解釈された。

今回のラウテンシュレーガー理事の辞任も9月12日の政策理事会で拡大資産購入プログラム(APP)再開が決断されたことが契機になったのだろう。同理事は8月30日、メディアへのインタビューで「資産購入プログラム再開の必要性を感じない」と明言している。こうした意向が踏みにじられたとの思いが強いのだろう。SMP再開の次はAPP再開でECBは分裂してしまった。資産購入プログラムはECBにとって鬼門の選択である。

次ページ今回はドイツ以外にも反対多く、結果も裏目に
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。