「#老害」ネット上に溢れる"世代間憎悪"の実態

リア充のまま死んでいく高齢世代への拒絶

つまり、若者と大人との間にあったはずの分断線が、消えた。では、社会から分断線はなくなったのか。

「そうではありません。今の50代、60代の人たちが10代、20代の頃は成長社会。その頃に価値観を培ってきた世代と、社会がほぼ成熟期に入っていた今の若い世代との間にギャップがある。つまり分断線が、かつては10代と30代の間にあったとすれば、今は30代と50代の間に移ってきている。若者と30代は衝突しないが、30代の大人と50代以上の高齢者は衝突する」(同)

分断線は、消えたのではなく上昇した。その結果が、若い世代と高齢者の衝突の社会構造的な要因になっている、と土井さんは考察し、こう続ける。

「若者や30代の大人から見たとき、50代後半から60代以上の高齢者は、自分たちとフォーマットが違う、異なる価値観を持っているよくわからない存在なんです。だから、ぶつかる」

実際に、「高齢者がわからない」と話す若い世代に会った。

都内の大学に通う女性(21)は、高齢の、とくに男性に嫌な思いをさせられることが「しょっちゅうある」と言う。たまたま靴擦れを起こして駅をゆっくり歩いていると、70歳くらいの男性に「ふらふら歩いてんじゃねえよ」と杖で足を叩かれたり、電車に乗る時に強引に割り込まれたり。

「最初は悲しくて、後になってムカつくことが多いです。今では『高齢の方は周りの若い人に嫌悪感を持ち、見下してる』という結論になっています」

この女性はもともと、老後への不安が強い。この先、自分は結婚しなかったらどうなるのか。一人でお金をためて老人ホームに入るのか、そこもいっぱいだと孤独死するのでは──。そこまで考える。そんな中、年金の話題に接したり、病院の待合室で高齢者の姿を見たりすると、モヤモヤすることもあると言う。

「周りの友達には、病気になってもお金ないから病院に行けない人もいる。高齢の方は1割負担(75歳以上)で病院に行って、そんなに重い症状でもないのに、病院の待合室でしゃべっている光景を目にすると、高齢者との間に不公平感を覚えることもあります」

SNSで高齢者への憎悪の言葉を目にすることは多い。自身で書き込むことはないが、彼らの心理は「正直、わかる」と。

「そうすることで若者が優位に立てるからだと思います。自分よりも下の存在を作ることでプライドが落ち着く、みたいな」

レッテルを貼られた若者が、鬱憤を晴らすためにヘイト

SNSは<#老害>のように、差別的な感情も共有できる。自分の嫌悪感の正体が、この世界の誰かによって言語化され、それを自覚することでさらに嫌悪感が増幅していくのでは、と女性は言う。

次ページ高齢者叩きの背後にある縮図
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT