シノブフーズの「おにぎり」はここまで徹底する

さまざまな設備を導入し、人手不足に対応

2019年6月に竣工したシノブフーズの新関西工場。炊飯工程でコメが流れていく様子(記者撮影)

人がほとんどいない広い部屋と、天井まで届くような大型の機械。バットに詰められたコメがベルトコンベヤーで運ばれていく――。

9月中旬、工場の働き手不足への対応を把握するために、コンビニ弁当やおにぎりなどの中食を製造するシノブフーズの「新関西工場」に足を運んでみた。大阪市の西側に位置する西淀川区御幣島(みてじま)に建つ。

60億円を投じた新関西工場

1971年設立のシノブフーズは関西が地盤で、大手コンビニチェーンのファミリーマートを主要顧客とする。現在、ファミマ向けの売上高は全体の55%超を占める。ほかにも、イオングループのスーパー向けに中食を製造する。

同社が約60億円を投じて2019年6月に竣工したのが、冒頭の新関西工場だ。老朽化していたうえに狭かった旧関西工場を移転、拡張した。7月から稼働した新工場では、コメを炊く炊飯工程と、完成したおにぎりを箱に積む「箱取り」と呼ばれる工程で最新設備を導入した。「最新機器を入れており、設備の能力は西日本で1番だ」と、新関西工場の田向智和工場長は胸を張る。

炊飯工程のエリアに足を踏み入れると、箱の中にコメが自動で投入され、長いベルトコンベヤーに乗って流れていく光景が目に入った。その後、洗米→水分吸収→炊飯までの作業がベルトコンベヤーの上で完結する。

かつては、工程ごとにシステムを設定する必要があったが、新工場では炊き上がりまで2時間15分かかる工程を一気通貫で行えるようになったという。同時に、炊飯容器はかつての大きなタンクから7キログラムの小型サイズに変更。容器の小型化により品質が均一になり、廃棄ロスも減少した。

次ページ必要人員はどれぐらい減ったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT