仕事の不安に効くSATE(さて?)という処方箋

ロジカルシンキングに必要な4つのスキル

ロジカルシンキング(写真:xiangtao/PIXTA)

4月に入社した新入社員の方たちも、半年が過ぎ、仕事に少しは慣れてきたところでしょうか? しかし、それと同時に「仕事をもっとうまくこなしたい! 評価されたい!」、でも「失敗したらどうしよう……」。そういった状況に戸惑ってしまう人も多いのでは。そうなると、「頭も体も動かない」「時間だけが過ぎていく」という負のスパイラルが始まってしまいます。

そこで、そんな困難な状況に負けない「強い心」を身につける方法を、拙著『仕事の不安・悩みがなくなるロジカルシンキング』の中で、シンプルに「SATE(さて?)」というキーワードにまとめてみました。その内容と、すぐにマネできる仕事への活かし方をお教えしましょう。

困った時にはSATE(さて?)

そもそも「ロジカルシンキング」とは、学校のテストのように明確な答えが待ってくれているわけではない状況を前にしても、「知らない」「習っていない」と投げ出すことなく、試行錯誤しながら前進していくための「考える技術」のことです。

「ロジカルシンキング」に関する書籍は数多く出版されていますが、理解をするのに時間がかかるものも多いようです。そこで私は、大きな問題を目の前にして行き詰まったときに思い出してほしいという思いを込めて、シンプルに4つのスキルにまとめました。

「困った時にはSATE(さて?)」と覚えてください。

S:Share 問題を他者と共有する
A:Analyze 大きな問題を小さな問題に分解する
T:Try 仮説を持って問題に挑戦する
E:Error 失敗をして、次に活かす

順序には、あまりこだわる必要がありません。今必要だなと思えたものから実行できればよいのです。

本記事では「A:Analyze 分解」について考えてみましょう。

次ページ今日から使える「分解」思考
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。