サントリーが「ラグランジュ」を再生できた理由

「神の雫」亜樹直×椎名敬一「極上ワイン鼎談」

椎名 そのとおりです。それを1級シャトーが危機に感じているのが現状です。昔は1級と2級の違いは非常に大きかったのですが、今は温暖化や機械化で差が縮まってきたので、シャトー・マルゴーやシャトー・ラトゥールといった1級シャトーはサードラベルを入れて、ファーストラベルの生産量はかつての3分の1程度まで減らしています。

そうすることで、他のシャトーが機械化で追い上げてきている部分を、テロワールの個性をより明確に示すことによって、もう一段差別化しようとしているのです。その結果、ボルドーワイン全体のレベルが、非常に底上げされました。すごい時代になったと思います。

周囲が評価してこそ、本物のブランド

ゆう子 2009年に、シャトー・ラフィット・ロートシルトにお邪魔した時、どうしても欲しくなって1本15万円で買いました。その時はボルドーワインが最も高騰した時で、現在は価格が落ち着いて、市場価格がだいぶお手頃になりました。市場価格が下がっても、ワインの製造コストはほぼ変わらないはずですから、利益幅が非常に大きくブレますよね。その点、ビジネス的にやりにくくはありませんか?

椎名 下がった時でも黒字が出るくらいの利益率はありますから、逆に大きく上昇した時には、物凄い利益率になります。このように大きく儲かった時、多くのシャトーは、より良いワインを造るために生産設備に大きな投資を行います。これがボルドーグランクリュのビジネスモデルなのです。

10月4日から全国で上映される『東京ワイン会ピープル』。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

 最後に、シャトー ラグランジュのブランド戦略をどう考えていらっしゃいますか。

椎名 プロフェッショナルな人々の間では、品質に最も真摯に向き合うシャトーとして認知されていますが、消費者にいかに伝えていくかが今後の鍵だと思います。日本やサントリーを表に出さないこと、そして現地の風習をリスペクトすることという2点は、今まで通り守っていきたいと思います。

これから時間をかけて、現地の人たちから「サントリーが入ったお陰で、ラグランジュは良くなったね」と言われるようになったら、日本やサントリーの存在を少しずつ出していけば良いかなとは考えています。

ただ、それでも一歩引いたスタンスは大事にしたいですね。自分でアピールするのではなく、周りの人たちから言ってもらえるのが、本物のブランドだと思うからです。焦らず、やるべきことを淡々とやっていく。それを積み重ねることによって、いつか誰かが語ってくれる日が必ず来ると信じています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT