サントリーが「ラグランジュ」を再生できた理由

「神の雫」亜樹直×椎名敬一「極上ワイン鼎談」

サントリーが1980年代、フランス・ボルドー屈指の名門ワイン醸造所を買収し、再生させたという話を知っている人は少ない。なぜそれは可能だったのか。『神の雫』の原作者である樹林ゆう子氏(中)と弟の樹林伸氏(右)が「シャトー ラグランジュ」の副会長・椎名敬一氏に聞く(撮影:梅谷秀司)
「クレーム・ド・カシスとハーブ、そしてこんがり焼けたトースト」。
稀代のワイン評論家、遠峰一青氏がフランス・ボルドーで産み出された「シャトー ラグランジュ1996」を表現すると、なんとも豊潤なテイスティングコメントになる。遠峰氏はワイン漫画で世界的なヒット作となった『神の雫』の主人公、神咲雫のライバルだが、実はこれほどの素晴らしい味わいを生み出す名門「シャトー ラグランジュ」(シャトーは醸造所の意味)が、サントリーによって鮮やかな復活を遂げたことは、ワイン通以外には、あまり知られていない。
今回は『神の雫』の原作者である亜樹直氏と、シャトー ラグランジュの副会長である椎名敬一氏の「鼎談」が実現した。ちなみに亜樹直(あぎただし)氏は、姉である樹林ゆう子氏と、弟の樹林伸氏の共同ペンネームである。

1ドル=230円台時代に買収を決断した佐治敬三

樹林ゆう子(きばやし ゆうこ)ノンフィクション作家、漫画原作者
フリーランスライターとしての活動に加え、1990年代前半から弟である樹林伸氏と漫画の原作を執筆。『すぐやる課をつくった男─マツモトキヨシ伝』(小学館刊)、『病気になる人、ならない人、そして治る人』(小学館刊)ほか著書多数(撮影:梅谷秀司)。

樹林ゆう子(以下、ゆう子) シャトー ラグランジュはすでに17世紀のワイン地図に名前が登場し、19世紀には当時のボルドー地方で公式格付をとっていたほどの名門でした。

しかし20世紀の大恐慌や第2時世界大戦などで、経営が非常に苦しい状況に陥ってしまいました。それをサントリーが手を差し伸べて、見事に再生したという経緯があります。シャトーを購入したのは、確か1983年でしたね。

椎名 はい。当時の為替レートは1米ドル=232円~246円の幅で推移していましたから、当時のサントリーからすれば、決して安い買い物ではなかったと思います。

ゆう子 どなたが最終判断を下したのですか。

椎名 当時、サントリーのトップだった佐治敬三(会長、1919~1999)です。実はサントリーは1972年に別のシャトーである、シャトー・カイヤベを買わないかという打診を受け、佐治敬三もそれにゴーサインを出したのです。

しかし、地元の人々の強い反対に遭って話が頓挫したという苦い経験をしました。当時は「アジアの企業がシャトーを買うなんてとんでもない」という雰囲気があったのでしょう。

次ページ「黒字化しなくてもやれ!」と厳命した佐治敬三の慧眼
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。