今、株式投資から「降りる」べきか?

山崎 元が読む、ちょっと先のマーケット

きさらぎ賞は、過去2戦が秀逸なバンドワゴンで

こちらは、春のクラシックシーズンを見据えた3歳馬による希望に満ちた一戦だ。彼らの春は、相場と違って、レーシング・カレンダー通りに確実にやってくる。2011年にはオルフェーヴルも使ったレースだ(勝ち馬はトーセンラーでオルフェーヴルは3着)1分47秒台の時計で決まると、後が楽しみだ。

人気は、ともに2連勝のトーセンスターダムとバンドワゴンの2頭に集中しそうだ。オープン勝ちがあること、2000mの時計がいいこと(京都・阪神のコース差はあるが)で1番人気は前者だろうか、とも思うが、筆者はバンドワゴンを本命に採る。逃げ脚質のせいもあるが、2勝とも着差が大きい点が魅力だ。

 両馬の前走の2着馬は、いずれもその後、京成杯(中山2000m)に出走していて、バンドワゴンに5馬身差をつけられたヴォルシェーブが5着、トーセンスターダムとアタマ差だったアグネスドリームが6着で、差の無い競馬をしている。今回は、間接的な相対比較で有利なバンドワゴンの潜在力に賭けてみたい。

対抗は当然トーセンスターダム、逆転まであり得る単穴は前走のレース振りに見所のある(乗られ方がちぐはぐな割に好走した)ダノンアンビシャスで、何れも京都コースをわが庭と心得ているかのようなディープインパクト産駒だ。連下は未勝利勝ちのタイムが例年のきさらぎ賞の勝ち時計の水準にあるブラックカイト、そしてディープインパクト産駒のサトノルパンまで。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT