アベノミクスに致命的な欠陥あり

収益快進撃・JCUの粕谷佳允会長に聞く

JCU代表取締役会長 粕谷佳允
2003年、表面処理薬品の中堅メーカー、荏原ユージライト(現JCU)の粕谷佳允社長(当時)は親会社の荏原から「会社を売る」と宣告された。「ちょっと待ってくれ。売るというなら、私が買いましょう」。「カネはどうする」。「カネは天下の回りもの。銀行か証券会社か、あるところから借りてくる」。売り言葉に買い言葉だった。MBO(経営者による買収)から2年で東証2部上場を果たし、07年に東証1部に指定替え。売り上げはMBO前の2・5倍に伸びた。「会社を売るなんて経営者として最低。従業員とその家族の生活を犠牲にするということなんですから」。会社も国家もマネジメント次第。日本製造業の一員として、真正面から安倍首相の成長戦略に注文を付ける。

――かねて自社のホームページで「安倍首相の成長戦略に疑義あり」とおっしゃっています。

安倍首相の成長戦略は抽象的で具体性がない。これでは国民や企業は動けない。安倍さんに致命的に欠けているのは製造業への理解です。今、日本経済が停滞しているのは、パナソニックやシャープなどエレクトロニクス産業が元気を喪失し没落したからです。弱電のみならず、東芝、日立、三菱の重電も往年の勢いがない。製造業の中核が弱っているのです。国内の投資と雇用を増やし、日本を復活させようと思うなら、まず弱った製造業を復活させねばならない。

ところが、産業競争力会議のメンバーに新浪(剛史・ローソン社長)さんや三木谷(浩史・楽天社長)さんを選んだ。このことに象徴されるように、安倍さんの関心はどうやら三次産業のサービス・流通業に向いている。TPPへの参加を決めてからは農業の方にも気持ちが傾いた。しかし、安倍さんが真剣に考えなければならないのは、製造業の復活です。そこに頭が行っていない。

原発輸出は無責任

――とは言え、安倍首相は原発輸出などに熱心に取り組んでいます。

だから、製造業が分かっていない、と言うんです。東芝、日立、三菱の重電3社で原発を設計できるエンジニアはそれぞれ500人程度でしょう。周辺を含めてもやっと2000人くらい。東大でさえ原子力工学科をなくしてしまった。日本はこれから国内で廃炉に着手しなければならないというのに、その技術者さえ十分いない。そんな状態で原発を輸出してどうするんですか。売ったはいいが、現地で技術を教える人も、メンテする人もいない。まさに売りっぱなし。こんな無責任な話はない。

次ページ技術者を確保せよ
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT