アベノミクスに致命的な欠陥あり

収益快進撃・JCUの粕谷佳允会長に聞く

――働く環境を整えれば、日本のエレクトロニクス産業は復活するのでしょうか。
 ここまで総崩れになってしまったら、エレクトロニクスの復活は厳しいかもしれない。インテルの時代が終わり、やがてサムスン、アップルの時代も終わる。そしてまた途轍もない企業が出てくるだろう。それは中国企業かもしれないし、米国企業かもしれない。日本企業でないことは間違いない。

だが、エレクトロニクスだけが製造業ではない。例えば、京大・山中教授のiPS細胞に代表される医療分野。iPS細胞で10年後に人工腎臓ができると言われるが、5年でやってほしい。カネも人もどっとかけてもらいたい。

さっきエレクトロニクスの悪口を言ったばかりが、カメラだって、日本に敵う国はいまだにない。やはり日本人は緻密な民族なんだね。技術を磨く力を持っている。海外の優秀な人材を呼び込むとともに、こうした「力」をフルに引き出せば、日本の製造業の明日が開けてくると思う。

大改革が必要だが、一極支配は怖い

むろん、簡単な道ではない。当社でも最近、ついに台湾向けの売り上げが国内を上回った。売り上げだけ見れば、日本に本社を置く意味はもうない。香港かシンガポールなら法人税も安い。安倍さんは法人税を下げると言っているが、下げたって、向こうの方がまだずっと安いんだから。

新たに創設する国家戦略特区にしても、特区に進出してくる国は中国くらいでしょう。だが、その中国との関係が悪すぎる。日本の復活にはガラガラポンの大改革が必要です。ただ、改革は自民党の一極支配でやりやすくなった反面、最近の動きを見ていると(改革を通り越し)、何やら戦争へ戦争へと近づいている感じがしてならない。一極支配はいいのか悪いのか、と思います。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。