知ってトクする税金の話

太田昭和監査法人(現・新日本有限責任監査法人)を経て、1997年に小澤公認会計士事務所を開設し、現在はさまざまな分野で活躍する小澤善哉氏。その小澤氏が異色の税金本『なぜ犬神家の相続税は2割増しなのか』を出版されました。
 今回は、本書執筆の動機や、知っておくべき税金の常識、また意外な税金の話などについて、小澤氏にうかがいました。

次ページ意外な書名の理由を種明かし
関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。