4分間で350本売った「チーズケーキ」の凄み

料理人のキャリア問うフレンチシェフの挑戦

「ミスターチーズケーキ」は保冷剤入りが3456円で、箱入りが4320円。販売サイト上では、「世界一じゃなく、あなたの人生最高に」という文句が(撮影:今 祥雄)

4分間で350本――。自社サイトのみでの販売にもかかわらず、大ヒットしているチーズケーキがある。フランス料理人の田村浩二氏が手がける「ミスターチーズケーキ」がそれだ。

チーズテリーヌと呼ばれる最近流行中のクリーミーなタイプで、スプーンですくえるほど柔らかい。甘酸っぱい味のチーズケーキは、新しさがありながらも、どこか郷愁を誘う。ネットで購入すると冷凍状態で届くため、そこから半冷凍、そして完全冷凍の状態と食感の変化を楽しめるのも特徴。ネットで予約を受け付けたとたん、わずか4分で350本も売れたことがあるという知る人ぞ知るケーキだ。

販売開始から1カ月後、いきなり200本売れた

もともと東京・白金台のレストラン「ティルプス」でシェフをしていた田村氏が“個人的に”チーズケーキを売り始めたのは2018年4月のことだ。インスタに乗せたケーキの試作品のウケがよかったため、販売に踏み切った。それから1カ月たったある日のこと、1日でいきなり200本売れた。7万人ものフォロワーがいる人がツイッターで拡散したことがきっかけだった。

人形町の「工場」で作られているチーズケーキ(撮影:今 祥雄)

以来、チーズケーキだけで生活できるほどの売り上げとなり、7月にティルプスを辞めた。12月には人形町に厨房を整え、スタッフも雇って改めてチーズケーキ販売に専念。毎週日曜日と月曜日の朝10時に予約を受け付ける方式でチーズケーキを売っている。

数あるケーキの中でチーズケーキを選んだのは、子どものころ母親が毎年誕生日に作ってくれたケーキだったから(父親の誕生日にはショートケーキを作っていたという)。「料理好きの母がテングサと小豆から水ようかんを作る姿を見ているから自分もできるかな」と思ったのは、高校3年生のときだった。親友の誕生日に「ネットで見つけたレシピをもとに、ケーキを焼いて学校へ持っていったら、みんながすごく喜んでくれた」。そのことがうれしくて、人を喜ばせられる料理人を志した。

次ページ従来の料理人のキャリアに疑問を抱いた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ネットで故人の声を聴け
  • グローバルアイ
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アメリカの若者の心つかむ中国アパレル「SHIEN」の正体
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT