「たばこのリスク」を甘く見る人が超危険な理由

「常に陸で溺れているような」症状出る場合も

たばこは私たちの想像以上に、体にとって有害なものです(写真:EKAKI/PIXTA)
日本人の2割弱が吸っているたばこ。喫煙が肺がんのリスクを上げることは知られていますが、そのほかにもデメリットが数多くあります。「たばこが健康に与える悪影響」を、内科医の名取宏氏が新刊『医師が教える 最善の健康法』より解説します。

今、この記事を読んでいるみなさんの多くは「長生きしたい」「健康でいたい」と思っていらっしゃるでしょう。それなのに、よもやたばこを吸ってはいませんよね? もしも喫煙しているとしたら、まっ先に禁煙することを強くおすすめします。最優先です。

喫煙に害があることは確実で、その害は大きいです。喫煙者は減りつつありますが、いまだに日本人の2割弱がたばこを吸っています。

「たばこはやめられないけれど、せめて他のことで埋め合わせたい」と考えている方には悲しいお知らせですが、どれだけ健康法を実行したとしても、たばこの害を打ち消すことはできません。それほどたばこの害は大きいのです。

たばこの大きすぎるデメリット

一例として肺がんについて考えてみます。たばこが肺がんにかかる確率を上げることはご存じですね。たばこを吸わなかった場合と比較して、能動喫煙は肺がんを約4~5倍も増やします。その分、肺がん検診を受ければ大丈夫でしょうか? 低線量CTによる肺がん検診は、肺がん死を減らしますが、その効果は2割ほどです。

次ページ「たばこのデメリット」まだまだある
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 財新
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。