シンクタンクがこれからの日本に必要な理由

三浦瑠麗「戦間期的な危うさを感じる」

その上に、日米関係の変質があります。従来、日本はベトナム戦争のときのように、紛争に巻き込まれるリスクを警戒してきました。しかし、これからは、日中軍事紛争の火種となった尖閣諸島問題のように、日本自体が紛争当事者になるリスクを背負い込むことになりました。そこで有事になった際、アメリカがどこまで守ってくれるのか? アメリカに見捨てられるリスクもありえます。トランプ大統領が、日米同盟を真剣に守ってくるかどうか、気がかりですよね。

ですから、日中関係が悪化したとき、動揺せずに、自ら国を守りながら、政治、外交などあらゆる政治、外交資源を使いながら、中国のリスクを見据えつつ、中国を敵視することなく、創造的な自主外交を模索しなければなりません。歴史的に日本が失敗してきたのは、外交、とくに近隣諸国との関係の調整です。今の国際情勢を見ていると、1920年代、30年代に近い怖さを感じます。2010年代は歴史の大きな分水嶺のような気がします。

もう1つ心配なのは、人口構成と社会保障の問題です。負担と受益のバランスはすでに崩れています。世代間対立は激化していくでしょう。若い世代の声を的確に政治に反映していかなければならない。新しいアイデアと新しい政策が必要です。ここにも、シンクタンクの役割があると思います。

「ちょっと待った」という声が欠けている

三浦:私も、二大政党ができて政権交代が恒常化すれば問題は解決するとは思わなくなりました。戦間期的な危さも感じています。これは世界全体について言えることですね。資本主義に対する信頼が弱まり、異質な勢力に対する脅威感が高まっている。左派ポピュリズムは二つの意味から危険です。ひとつには、グローバル化や資本主義に逆行したり、根底から否定しかねないこと、もうひとつには、右派ポピュリズムを活性化させる呼び水となりうることです。

日本には、学者やジャーナリストを含め知識人が戦争を止めようとしなかったという苦い歴史があります。今は、大衆の欲望が見える化されたことに伴って、エリートの知的体力の低下を感じます。例えば、韓国のレーダー照射問題のときも、普段はまめにツイートしている野党のリーダーがまったくそれに関してツイートしなくなった。それでは、野党はフォロワーでしかないということになります。

政治家だけではありません。韓国との関係に関しては、知識人がごく静かになりました。今回の韓国に対する輸出優遇見直しの対抗措置に対しても、メディアや学界で議論らしい議論はありません。大衆にアピールする努力を怠ってきたのに、肝心なところでは大衆に迎合する可能性があります。日本の社会にはそういう知的体力と覚悟を持った人材が根源的に欠けているんじゃないかという不安を覚えます。

船橋:同感です。そういう個の力を発揮できる人、リスクを取って発言する人が出てこなければだめですね。最初に戻りますが、大切なのは、三浦さんのように個のコラムを立て、独立思考で考えて、自分の意見をしっかりと表明して、そのうえで議論することだと思います。政策起業力にとって必要なのはそうした個々の考える力であり、個々のイニシアティブであり、個々のリスク・テーキングな挑戦だと思います。

今日は、面白いお話をたくさんありがとうございました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。