日本人よ、「ルールブレーカー」になれ!

クオンタムリープCEO・出井伸之氏と語る(下)

 ベンチャーキャピタルがデザイナーを雇う時代へ

出井:僕は今、「デザイン」の会社をイタリア・ミラノと東京で作っている。だから、伊佐山さんのWiLとつなぐと、日本、欧州、アメリカとグローバルでコラボレーションできる。面白いよね。

伊佐山:それはいいですね。現在、スタートアップの世界でも、「デザイン」の重要性は増してきています。シリコンバレーの有名ベンチャーキャピタルであるクライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイチャーズ(KPCB)は最近、デザインパートナーとして有名な日系の工業デザイナーを雇いました。

これまでの価値観だったら、「なぜ、金融会社がデザイナーを?」と疑問に思うかもしれません。ただ、IT(情報技術)の世界も“技術力”の時代から“インターフェース”の時代へと変化しています。その中では「デザイン勝負」になるわけです。

これまでは、IT系スタートアップは、無骨でもテクノロジーがすばらしければいい時代でした。ただ、米アップルがiPhoneをはじめ、極端に洗練された事例をつくったことで、それらがデフォルト(標準)やベンチマークになる。これからは、スタートアップも初めからデザインを意識しなければ、多くの人から受け入れられない。

だから、WiLのチームも、金融業界やコンサルタント業界からではなく、事業経験者や、クリエーティブなバックグラウンドを持つ人間を集めています。2人で行った、シリコンバレーにある世界最高のデザインファームと言われているIDEOなんか面白かったですよね。

出井:若い人には、ソニーの創業者・井深大さん、盛田昭夫さん、パナソニック創業者・松下幸之助さん、ホンダの創業者・本田宗一郎さんのような経営者を目指してもらいたいですね。今、僕はレノボ・グループ本社の社外取締役をしているが、同社の創業者の柳伝志さんは、おそらく松下幸之助さんのような経営者。アジアにもワクワクする、スタートアップマインドを持った経営者が多くいる。

伊佐山:ソフトバンクの孫正義CEOみたいな、まともな経営者からすると「危なくて何やっているんだろう」という人が、若い人からするとワクワクする。それこそボーダフォンを買収するときに、1兆円の営業利益を出す企業になるとは誰も思っていなかったと思います。むしろ、1兆円損をする企業だと思われていました。「大企業×ベンチャー」「熟練CEO×若手CEO」、こうしたかけ算がおきて、孫さんだけでなく、さまざまなワクワクする経営者が出てきてほしいですね。

出井:そうだね。そうすれば、日本も間違いなく、変わるね。

起業家精神とは、どのような精神のあり方なのだろうか――。
私は高尚なイデオロギーでもなければ、ベンチャーを起業しなければならないという意味でもないと思っている。端的に言えば、
起業家精神とは、自分の心の声に従う強さと勇気である。
シリコンバレー流 世界最先端の働き方』(伊佐山元)P36抜粋

(構成:山本 智之 撮影:梅谷 秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • iPhoneの裏技
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。