古都・鎌倉に若手起業家が続々移住するワケ

小泉今日子主演ドラマ成功の影にもブランド戦略

世界文化遺産への再挑戦は当面先?

――「武家の古都・鎌倉」の世界文化遺産登録を目指しておられましたが、昨年末に登録を断念されました。今後も登録に向けての取り組みを継続されるのでしょうか。

世界文化遺産については、昨年5月に残念な結果(登録を断念)となりました。実のところ、市民の中には、世界文化遺産の登録に反対している人が半分ぐらいいました。そのほとんどが、「観光客誘致、商業活性化、名誉」、こういったものを市が欲しがっている、とみておられました。

世界遺産の登録を目指すのは、観光客から貴重な遺産を守るとか、開発から街を守るとか、そういうことが本来の目的です。これを市民のみなさんに、十分に認識してもらう必要があります。それをしっかりやらずに、ただ「登録していくんだ」と連呼しても、空回りになってしまいます。

世界遺産への国からの推薦は1年で1件だけです。次が群馬の「富岡製糸工場と絹産業遺産群」、その次は北九州と山口にある八幡製鉄所などの「明治日本の産業革命遺産」だと聞いています。

では、「鎌倉は北九州の次に入りたいか」、と問われると、「意識としてはそうは思っていない」との答えになります。もう少し後ぐらいに入っていけるように、万全の態勢をもって取り組んでいく方針です。

鎌倉は小さな街ですが、すがすがしい空気を感じてもらいながら、ゆったりと歩いて楽しんでいただきたい。ここのところ、街の景観に合わないお店や看板も出始めています。そういったこととも、闘っていかなければいけません。街の価値を高めることに、これからもこだわっていきます。

(撮影:鈴木紳平)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。