小学校受験対策「けん玉の攻防」が映し出す本質

試行錯誤で成功も失敗も経て内面の力を磨く

小学校受験とけん玉がどう結びつく?(写真:paylessimages/iStock)
子どもが国立や私立の名門小学校に入ることを目指す小学校受験。古くは1994年放送のドラマ「スウィート・ホーム」(TBS系)で描かれた小学校受験をめぐる悲喜こもごもをきっかけとして「お受験」は一般的な言葉になり、その後も小学校受験をテーマにしたドラマはいくつか作られてきました。
一方で、実際に小学校受験に挑む親子が、具体的にどんな受験対策をしているのかは一般にはあまり知られていません。『小学校受験バイブル 賢い子育てをするために』の著者、二宮未央氏がその断面を切り取ります。(本稿は宣伝会議発行の『編集会議』2018年夏号での掲載記事を基に加筆・修正しました)

最後の1人になるまでけん玉を振り続ける子どもたち

神妙な面持ちの子どもたちがぞろぞろと入っていく。母親たちは皆が紺色のスーツを身にまとい、そわそわと落ち着かない様子で後に続いた。殺風景な一室はしんと静まり返り緊張感が漂っている。きれいに整列した子どもたちの手には、けん玉がぎゅっと握りしめられていた。

笛の合図が部屋中に鳴り響く。その瞬間20人の表情はキュッと引き締まり、けん玉を振り上げた。玉がストンと乗った者もいれば、宙ぶらりんの玉を揺らしている者もいる。玉が乗らなかった6人の子どもたちは、その場に座って体育座りをする。

2017年夏。とある区民センターで行われた「けん玉コンテスト」。これは、ある小学校受験のための個人教室が開催したものだ。玉が落ちた者は座り成功した者だけが立ち続け、最後の1人になるまでけん玉を振り続ける、生き残りをかけた戦いだ。

次ページ息もつかせぬ勝負の結果は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT