国際的スパイ「007」を黒人女性が引き継ぐ理由

MeToo時代「ジェームズ・ボンド」は時代錯誤

そんな悲しい形でレガシーを終えるより、作り手は、愛されるキャラクターを捨ててでもシリーズを続けるという賭けに出たのだ。

しかも、25作目には、ボンドが新007のノミにちょっかいを出そうとして一蹴され、女性の同僚をどう扱うかを学ぶハメになるという展開も用意されているらしい。そんなふうに、「わかっていますよ。ボンドのこういう態度、ダメですよね。注意してあげましょうね」というジェスチャーも見せるのだ。

また、関係者の間でも、“ボンドガール”という呼び名は禁止され、“ボンドウーマン”になったそうである。カメラの裏側でも、自分たちが作ろうとしている映画の方向性の認識が高められているということだ。

「007」シリーズの明暗

“ダイバーシティー(多様性)”が激しく叫ばれるようになった近年、ハリウッドでは、サンドラ・ブロックらの『オーシャンズ8』や、メリッサ・マッカーシーらの『ゴーストバスターズ』、アン・ハサウェイとレベル・ウィルソン主演の『The Hustle 』(日本未公開:『ペテン師と詐欺師/だまされてリビエラ』のリメイク)など、男性キャストでヒットした過去作品を女性キャストで作り直す例が続いてきた。

しかし、「007」の事情は、それらよりずっと深く、切実だ。歴史が違うし、失敗した場合に失うものも大きい。

実際、ネットには、早くもさまざまな反応が寄せられている。正式に発表されれば、ファンの怒りは爆発するかもしれない。だが、どんなに騒いでも、もはやほかの選択肢はないのだ。今までのボンドは、1960年代の産物。あの頃の男の美学だ。

「007」はここで終わったと決めるのも、その人の自由。しかし、後ろばかり見ないで、自分が好きなキャラクターがこんなに長く活躍してくれたことに感謝しつつ、次のチャプターを拝見してみるのも、悪くないのではないか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT