国際的スパイ「007」を黒人女性が引き継ぐ理由

MeToo時代「ジェームズ・ボンド」は時代錯誤

人気映画シリーズ「007」の次の主人公は、ノミという黒人女性スパイになるようだ。“ダイバーシティー”が叫ばれる昨今ではジェームズ・ボンドは時代遅れらしい(写真:Axelle/Bauer-Griffin/iStock)

人気映画シリーズ「007」から、お決まりのフレーズが消えるかもしれない。あの「Bond, James Bond」が聞けるのは、現在撮影中のシリーズ25作目で最後になりそうなのだ。その後も「007」シリーズが続く場合、主人公はジェームズ・ボンドでなく、ノミという名の黒人女性スパイになる気配なのである。

今回、その重要な役に抜擢されたのは、この春『キャプテン・マーベル』にマリア役で出演したイギリス人女優のラシャーナ・リンチ。英紙デイリー・メールの報道によると、タイトル未定のシリーズ25作目には、レイフ・ファインズ演じるMが007を部屋に呼ぶと、入ってきたのは彼女だったという衝撃のシーンがあるらしい。

気になるストーリーは?

ボンドはといえば、引退してジャマイカで悠々自適の生活を送っているとのこと。彼が職場を去った今、007のコードネームは、新たに彼女が引き継いでいるのだ。だが、大きな敵が現れて、ボンドもヘルプに駆り出され、新旧007が協力して戦うというのが、今作のストーリーのようである。

なぜ「007」のコードネームを黒人女性が継ぐことに? 画像は旧007を演じるダニエル・クレイグ(左)と、新007を演じることになったラシャーナ・リンチ(右)(写真:左、右ともにRoy Rochlin/Getty Images)

シリーズ21作目の『007/カジノ・ロワイヤル』からボンドを演じてきたダニエル・クレイグが、今作を最後にこの役を降りることは早くから知れわたっており、近年、次の主演俳優は誰かという臆測は、さんざん飛び交ってきた。

中でも黒人俳優のイドリス・エルバは有力だったが、プロデューサーらは、ただ黒人にするだけでなく、もう1歩先に進んで、黒人女性にすると決めたわけである。その移行を自然に行うため、まず新旧を共演させるという念入りさも、また驚きだ。

これらの情報はデイリー・メールが「製作の内部にいる人の話」として伝えたもので、公式には何も発表されていない。しかしリンチが25作目に出演することは確かだし、今回は脚本家チームに女性ライターのフィービー・ウォーラー=ブリッジが加わっている。

次ページ現状維持ではジェームズ・ボンドは死ぬ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT