国際的スパイ「007」を黒人女性が引き継ぐ理由

MeToo時代「ジェームズ・ボンド」は時代錯誤

人気映画シリーズ「007」の次の主人公は、ノミという黒人女性スパイになるようだ。“ダイバーシティー”が叫ばれる昨今ではジェームズ・ボンドは時代遅れらしい(写真:Axelle/Bauer-Griffin/iStock)

人気映画シリーズ「007」から、お決まりのフレーズが消えるかもしれない。あの「Bond, James Bond」が聞けるのは、現在撮影中のシリーズ25作目で最後になりそうなのだ。その後も「007」シリーズが続く場合、主人公はジェームズ・ボンドでなく、ノミという名の黒人女性スパイになる気配なのである。

今回、その重要な役に抜擢されたのは、この春『キャプテン・マーベル』にマリア役で出演したイギリス人女優のラシャーナ・リンチ。英紙デイリー・メールの報道によると、タイトル未定のシリーズ25作目には、レイフ・ファインズ演じるMが007を部屋に呼ぶと、入ってきたのは彼女だったという衝撃のシーンがあるらしい。

気になるストーリーは?

ボンドはといえば、引退してジャマイカで悠々自適の生活を送っているとのこと。彼が職場を去った今、007のコードネームは、新たに彼女が引き継いでいるのだ。だが、大きな敵が現れて、ボンドもヘルプに駆り出され、新旧007が協力して戦うというのが、今作のストーリーのようである。

なぜ「007」のコードネームを黒人女性が継ぐことに? 画像は旧007を演じるダニエル・クレイグ(左)と、新007を演じることになったラシャーナ・リンチ(右)(写真:左、右ともにRoy Rochlin/Getty Images)

シリーズ21作目の『007/カジノ・ロワイヤル』からボンドを演じてきたダニエル・クレイグが、今作を最後にこの役を降りることは早くから知れわたっており、近年、次の主演俳優は誰かという臆測は、さんざん飛び交ってきた。

中でも黒人俳優のイドリス・エルバは有力だったが、プロデューサーらは、ただ黒人にするだけでなく、もう1歩先に進んで、黒人女性にすると決めたわけである。その移行を自然に行うため、まず新旧を共演させるという念入りさも、また驚きだ。

これらの情報はデイリー・メールが「製作の内部にいる人の話」として伝えたもので、公式には何も発表されていない。しかしリンチが25作目に出演することは確かだし、今回は脚本家チームに女性ライターのフィービー・ウォーラー=ブリッジが加わっている。

次ページ現状維持ではジェームズ・ボンドは死ぬ
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。