原点回帰の無限ラボ「外部の出資はお断り」

KDDIのベンチャー支援プログラムが第6期に突入

5期生の卒業とともに6期生の募集がスタートしたが、無限ラボは今回、応募条件の変更を発表している。新たに加わった条件は、サービスは公表前のものに限定すること、ベンチャーキャピタルなど外部法人から出資を受けていないこと、KDDIの承諾なしに期間中に出資や業務提携の協議を行わないこと、など多岐にわたる。  

イベント後、報道陣の取材に応じた髙橋専務(左)と江幡ラボ長(右)。大企業との連携や、ファンドの運用方針について語った。

無限ラボ長を務める江幡智広氏は条件を変えた理由について、次のように説明する。

「わくわくするようなサービスを生み出す、という無限ラボの原点に戻る。アイデアを3カ月かけてゼロから形にしていくところに集中したい」

ベンチャーキャピタルなど他社からの出資がないことを条件とした背景について、新規事業を統括する髙橋誠専務は次のように説明する。

「すでに他社に対するコミットメントなどがある場合、若干アドバイスしづらい面もあった」

複数の会社でスタートアップを支援

さらに、髙橋専務が今後の方針として強調したのは、大企業と連携した支援の取り組みだった。「単独より複数の会社で支援し、アセットを活用してもらったほうがうまくいくはず。ぜひとも実現したいと思っている」(髙橋専務)。時期は未定だが、6期以降、異業種の大手企業を口説き、共同で支援を展開したい考えだ。

KDDIと同様のベンチャー支援プログラム「イノベーションビレッジ」を運営するNTTドコモも、現在進めている第2期生の支援では、NTTグループ企業が支援する「パートナーブースト枠」を設置。そこにNTT西日本が加わった。3期はグループ外企業との連携を計画している。通信会社によるベンチャー支援は、各社が手掛けるサービスと同様、異業種企業との連携が今後のトレンドになりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT