貧富の差が酷くても米国が日本より住み易い訳

ぐっちーさん「アナハイムで考える日米の差」

さて、ここからは恒例の競馬コーナーです。いよいよ週末は、夏の中京競馬の最終週。狙うのは中京記念(G3、21日11R、芝1600mハンデ戦)であります。
こういうレースは、どうしても低ハンデ(騎乗する騎手の斤量が軽い)馬に目が向きます。血統なども併せて実績も加味して考えると、

カテドラル 53キロ  父ハーツクライ
アーリントンC2着 NHKC3着

クリノガウディー 52キロ 父スクリーンヒーロー
朝日杯FS 2着

あたりが目につきます。

中京記念は「軽ハンデ2頭から手広く実力馬」で勝負

実力から見ると、ジャンダルム、プリモシーン、ロードクエストあたりに目が向きますが、プリモシーン(ヴィクトリアマイル2着)は勝ち負けが極端な福永祐一騎手、ロードクエストは57キロのトップハンデ、ということで、太鼓判というわけには参りませんね。プリモシーンから買いたいところですが、福永騎手の分マイナスです。あと「ディープインパクト産駒は中京に弱い」、というデータもあるんです。

それなら、ここはやはりしぶといステイゴールド産駒、ミエノサクシードあたりを狙っても面白いですね。

ということで、軽ハンデの2頭から入って、手広く実力馬を抑える、というのが妥当な線ではないでしょうか。何せ1番人気が久々に昨年来たようなレースですから、荒れる展開が予想されるのは確か。さて、どうなりますでしょうか??

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • はじまりの食卓
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株主第一主義からの脱却は<br>なぜ必要か

米国の有名大企業のCEOらが、米国型資本主義の象徴「株主第一主義」を見直す声明を発表した。本誌コラムニストによる連載「ニュースの核心」では、格差拡大や中間層の消滅を防ぐだけでなく、マクロ経済政策としても有益であることを指摘。