インスタ「投稿よりストーリー」が意味すること

「いいね!」がなくなる日はくるのか

インスタグラムがフォロワー数の表示を目立たせなくするなどの取り組みに踏み出した理由は(写真:Krista Schlueter/The New York Times)

4月末に開かれたフェイスブックの開発者向けイベント「F8」で、インスタグラムのトップであるアダム・モセリは、インスタグラムの新たな展開についていくつか発表を行った。モセリによると、多くの機能が加えられるという。例えば、ストーリー投稿の新手法、新たなショッピングのやり方、カメラのアップデートなどだ。

一方で、取り除かれる機能も示唆された。例えば、フォロワー数の表示は「かなり目立たなくなるだろう」という。そして、モセリは聴衆に向かって言った。「さらに重要なアイデア」としてあるのが、「『いいね!』の数を非公開にすることだ」。つまり、友人が投稿した写真の下には、「いいね!」の数が表示されなくなるということだ。

ツイッターとYouTubeも

同じく4月に、ツイッターCEOのジャック・ドーシーは、彼自身の「重要なアイデア」についてTEDカンファレンスでのインタビューでこう話した。「もう一度ツイッターのサービスを立ち上げるとしたら、フォロワー数をあまり強調しないようにするだろう。『いいね!』の数もあまり目立たせない。そもそも、最初から『いいね!』をつくらないと思う」。

その数週間後、YouTubeはコミュニティーのブログで、チャンネル登録者数について、小さいが注目に値する発表を行った。表示する数を概数にするというのだ。

これらの会社のリーダーは、世間からの目が年々厳しくなっている中、よく似た解決方法をとろうとしているようだ。つまり、数値の見せ方を調整する、あるいはなくす、ということだ。これまで、フォロワー数や「いいね!」などの数は公開され、比較可能で、価値を持っていた。

それらの数値が重視されてきたサービスにとって、これは大きな転換点となる。また、この変更からは疑問も湧いてくる。もしそれが解決方法であるというのなら、そもそもの問題は何なのだろうか?

次ページインスタを「プレッシャーを感じない場」に
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当に強い大学
  • コロナショックの大波紋
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。