インスタ「投稿よりストーリー」が意味すること

「いいね!」がなくなる日はくるのか

一般的な投稿の下から数字を1つ消せば、ユーザーのストレスは減るかもしれない。加えて、インスタグラムの人気を最初に高めたフォーマットが減速しつつあるという印象を弱めるのにも役立つだろう。つまり、インスタグラムの立場からすると、真の問題は、同社のサービス全体をもっと使ってほしいのに、その一部の利用が減ってきていることだ。

数値が示されない、あるいは目立たないソーシャルメディアはどんな感じだろうか。それを想像するのは簡単ではないが、仮にこれまでインスタグラムが「いいね!」の数を表示していなかったとしたら、それはいくつかの点でより「感じのよい」ものになっていただろう。

ユーザーには見えない「プラットフォーム」

しかし、数値が表示されていなかったら、今日わたしたちが知っているインスタグラムとは違うものになっていたはずだ。少なくとも、フェイスブックが10億ドルで買収したインスタグラムではなかっただろう。インフルエンサーを生み、ユーザーが自分のステータスを心配し、10億人を超えるユーザーがいるインスタグラムではなかったはずだ。

しかし、今後を予想すると、数値のないソーシャルメディアは比較的イメージしやすい。もしあなたがインスタグラムのストーリーを主に見ているのだとしたら、すでに数値のないバージョンの1つを見ていることになる。

そして、現在あなたが見ているツイッターやインスタグラムは、すでにさまざまな「シグナル」を反映して形成されている。例えば、過去にあなたが「いいね!」を押したもの、あなたが特定のユーザーのコンテンツを見て過ごした時間、特定のユーザーと個別に連絡をとったか否か、あるコンテンツに親しみを感じるか否か――。

単に、最近の「いいね!」やリツィートだけを反映しているのではないのだ。こうしたシグナルもある意味で測定数値である。ユーザーには見えないが、プラットフォーム側には見えている。

インスタグラムの発表への反応は、プロのインフルエンサーが一部でパニックになった以外は、ほとんど聞こえてこない。インスタグラムはこの変更をカナダでテストし、ユーザーの一部が次のような説明を受け取った。

次ページYouTubeのユーザーからは反発も
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
子どもの命を守る<br>続発する虐待死、その真因を探る

子どもをめぐる悲惨な事件が後を絶たない。親からの虐待、保育園事故、不慮の事故……。子どもの命の危険とその解消策を検証した。長時間労働が深刻な児童相談所の実態、低賃金・高賃金の保育園など保育士の処遇に関する独自調査も。