40代から増える「もの忘れ」を軽視できない理由

10個の質問に答えるだけ「老化度テスト」付き

男性ホルモンが減ると、いろいろな意欲が落ちるので、多方面に影響が出ます。性欲だけでなく、仕事を続けている人なら、仕事のうえでの意欲が減退します。出世欲などはだんだん消えていくのです。

異性に興味がなくなるだけでなく、「人間に興味がなくなる」というのは困りものです。近所づきあいも減るでしょう。40代を過ぎて人づきあいがおっくうになってきたら、それは男性ホルモン減少の影響かもしれません。

「予防と対策」はたくさんある

拙著『「脳が老化」する前に知っておきたいこと』では、感情老化、男性ホルモン、うつ病……などの状態を測るテストやチェックリストを紹介していますが、そういったツールを活用して、「心の老い」を自己分析し、現状を把握したら、「予防と対策」を考えます。

例えば、何らかの「ボケの兆候」が見られたとき。いちばんよくないのは、本人が「少しボケてきたみたいだから、外出を控えるか」と考えたり、家族など周囲の人が「道路は危ない。心配だから外に出ないほうがいい」といって家の中に閉じ込めることです。

『「脳が老化」する前に知っておきたいこと』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

もし、多少ボケてきた場合でも、あえて外に出させることが重要です。どんどん外に出して歩いたり、近所の人と話したり、活動したりして刺激を与えることが、ボケの進行を遅らせることにつながるからです。

もう1つ、「かくあるべし症候群」にも気をつけたいものです。「もういい年なのだから」とか、「この年齢の人は、こういう人間であるべきだ」「こういう人格であるべきだ」と型にはめて行動を縛ってしまうと、どうしてもストレスが生じます。

そんな無用なストレスを生じさせないためには、家族の理解が必要です。家族がそれを理解しないと、ボケ状態は静かに進行してしまうのです。

繰り返しますが、人は年齢を重ねれば脳の老化や萎縮は必ず生じます。85歳の方の40%は「認知症」の診断を受ける、という数字があるくらいですから、それに抵抗することはできません。自分もいつかはボケるのだな、と考えておくことが大切なのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT