映画「新聞記者」の異例ヒットが示す新しい市場

キーワードは「時事」「応援」「知ってる」

話は違うが、「#いだてん」においても、同様の現象が起きている。こちらも絶賛の嵐。その背景にあるのはもちろん、過去の大河ドラマと比較したときの「いだてん」の世帯視聴率の低さだ。「視聴率が低い→だから『いだてん』はつまらない」という論調に対するアンチの意識で、「いだてん」ファンは「応援」のツイートを重ねる。

そういえば、昨年の映画界で話題をかっさらった快作『カメラを止めるな!』があれほど支持された理由として、当然作品のすばらしさが第一だろうが、加えて、「もう映画の時代なんて終わりだ」という空気が広がる中、ああいう野心的な映画を応援してあげたいという、映画ファンの意識も多分に影響したはずだ。

言いたいことは、これからのエンタメ市場において、まずは深く狭い「応援クラスタ」を形成することが大切で、そのためには、コンテンツのアンチ性(世間への反逆性)をハッキリさせなければいけないということだ。そうすれば、「応援クラスタ」は自走し始め、自ら拡散・増殖して「深く広く」なっていく。逆に言えば、最初から万人に深く広く愛されようというのは、このご時世、得策ではない。

「知ってる」エンタメを観客は求めている?

3つ目、最後の視点は「知ってるエンタメ」市場である。ここだけ持って回った言い方になっているが、これは、今月5日の朝日新聞に掲載された「実写版『アラジン』ヒットの理由」という記事における、映画・音楽ジャーナリスト=宇野維正氏へのインタビューの見出しに掲げられていた「求められた『知ってる物語』」という言葉遣いから引用した。

ここで宇野維正氏は、映画『アラジン』のヒット要因として「アニメ公開時の1993年に王女に憧れていた子どもが四半世紀を経て大人になり、劇場に足を運んでいること」を挙げており、また「ディズニーは自社の古典を次々にリメイクしています。それは知っている物語を、客側も求めているから」とも語っている。

次ページリメイクのほうが安全という風潮
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。