カリスマ投資家が怒った「函館の残念株主総会」

好業績なのに、これじゃあ「井の中の蛙」だ

カリスマ投資家の内田衛氏は、ある株主総会出席のため函館へ。 個人投資家として総会で「ダメ出し」した。その企業とは?(写真:まちゃー/PIXTA)
「6月の株主総会シーズン」が終わった。今年はLIXILグループなどで総会の重要性が改めて浮き彫りになった。そんな中、カリスマ投資家の内田衛氏は2週間でなんと12の企業の総会に出席。「新メニュー提案」から「閉鎖的な総会への建設的批判」まで、堂々と意見を述べた内田氏。「企業価値を上げてもらいたい」と思ったら自ら行動するのは、さすがだ。早速「株日記」で振り返って見よう。

まさかの急騰!ビットコインが再び100万円を突破

【6月17日 月曜日】先週末の日経225先物は、50円安の2万0980円、NYダウは17ドル安の2万6089ドル。1ドル=108.55円、1ユーロ=121.65円。仮想(暗号)通貨のビットコインが100万円を超えてきた。年初は1ビットコイン(BTC)が、40万円割れで推移していたのに、まさかの急騰ぶりだ。

保有銘柄のGMOフィナンシャルホールディングス(7177)も大幅高し、57円高(9.76%)の641円で引けた。GMOフィナンシャルホールディングスは、傘下にGMOクリック証券と仮想通貨取引所のGMOコインがある。日経平均株価は7円高の2万1124円と小動き。

【6月18日 火曜日】日経225先物は、10円安の2万1060円、NYダウは、22ドル高の2万6112ドル。アパート経営のTATERU(1435)について「預金データ改ざん問題で国交省が業務停止命令」と報道。160円で5000株、158円で3200株買い注文を出すが、約定せず。売り気配スタートで9時19分、37円安の194円で寄り付き、9時19分、50円安の181円の安値をつけ、終値は43円安(18.61%で値下り率1位)の188円。優待目的で、石井食品(2894)を200円で500株買う。

この連載の一覧はコチラ

ヤフー(4689)の株主総会出席のため、有楽町にある東京国際フォーラムへ行く。スマホの動画広告が、2.4倍、ネットショッピングが22.6%増となっているそうだ。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長も、取締役として出席していて、生で見るのは初めてだ。

次ページ日本郵政の総会議案に反対したワケ
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。