カリスマ投資家が怒った「函館の残念株主総会」

好業績なのに、これじゃあ「井の中の蛙」だ

カリスマ投資家の内田衛氏は、ある株主総会出席のため函館へ。 個人投資家として総会で「ダメ出し」した。その企業とは?(写真:まちゃー/PIXTA)
「6月の株主総会シーズン」が終わった。今年はLIXILグループなどで総会の重要性が改めて浮き彫りになった。そんな中、カリスマ投資家の内田衛氏は2週間でなんと12の企業の総会に出席。「新メニュー提案」から「閉鎖的な総会への建設的批判」まで、堂々と意見を述べた内田氏。「企業価値を上げてもらいたい」と思ったら自ら行動するのは、さすがだ。早速「株日記」で振り返って見よう。

まさかの急騰!ビットコインが再び100万円を突破

【6月17日 月曜日】先週末の日経225先物は、50円安の2万0980円、NYダウは17ドル安の2万6089ドル。1ドル=108.55円、1ユーロ=121.65円。仮想(暗号)通貨のビットコインが100万円を超えてきた。年初は1ビットコイン(BTC)が、40万円割れで推移していたのに、まさかの急騰ぶりだ。

保有銘柄のGMOフィナンシャルホールディングス(7177)も大幅高し、57円高(9.76%)の641円で引けた。GMOフィナンシャルホールディングスは、傘下にGMOクリック証券と仮想通貨取引所のGMOコインがある。日経平均株価は7円高の2万1124円と小動き。

【6月18日 火曜日】日経225先物は、10円安の2万1060円、NYダウは、22ドル高の2万6112ドル。アパート経営のTATERU(1435)について「預金データ改ざん問題で国交省が業務停止命令」と報道。160円で5000株、158円で3200株買い注文を出すが、約定せず。売り気配スタートで9時19分、37円安の194円で寄り付き、9時19分、50円安の181円の安値をつけ、終値は43円安(18.61%で値下り率1位)の188円。優待目的で、石井食品(2894)を200円で500株買う。

この連載の一覧はコチラ

ヤフー(4689)の株主総会出席のため、有楽町にある東京国際フォーラムへ行く。スマホの動画広告が、2.4倍、ネットショッピングが22.6%増となっているそうだ。ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長も、取締役として出席していて、生で見るのは初めてだ。

次ページ日本郵政の総会議案に反対したワケ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT