カリスマ投資家が復活を期待する銘柄とは?

不祥事のかんぽ生命も少し買い増ししてみた

カリスマ投資家が冴えない相場で狙っている銘柄とは?(写真:KY/PIXTA)  
アメリカの主要市場が連日の最高値の一方で、日本の株式市場は横ばい。
そんな中、カリスマ投資家の内田衛氏は得意の「割安株」買いで利益をしっかりあげた。内田氏が次に注目している割安な株とは? 早速「株日記」で見てみよう。

やっぱり「業務停止命令は買い」でよかった?!

【7月1日 月曜日】先週末の日経225先物は、90円高の2万1310円、NYダウは、73ドル高の2万6599ドルと4日ぶり反発。アパート経営のTATERU(1435)は、30円高(17.96%)の197円と値上がり率1位となった。理由は、先週末に「預金データ改ざん問題で国土交通省が業務停止命令」と報道されていたが、その業務停止処分が7日間と発表。この措置は市場予想よりも軽いとの見方で買われた。200円で9000株売り、18万7200円の利益確定、買いは6月24日の寄付の179円で。日経平均は454円高の2万1729円と大幅高。

この連載の一覧はコチラ

【7月2日 火曜日】日経225先物は、110円安の2万1660円、NYダウは、117ドル高の2万6717ドル。TATERUは、今日も22円高(11.17%)の219円と値上がり率3位。10時12分には、34円高の231円の高値を付ける場面があった。1日早く売りすぎたな。日経平均は、24円高の2万1754円と続伸。

【7月3日 水曜日】日経225先物は、40円安の2万1680円、NYダウは、69ドル高の2万6786ドルと3日続伸で8カ月ぶり高値。優待保有銘柄で、パルコ(8251)が、54円高(4.83%)の1172円と大幅高。日経平均は、116円安の2万1638円。

【7月4日 木曜日】日経225先物は、130円高の2万1720円。NYダウは、179ドル高の2万6966ドルと米利下げ期待で、9カ月ぶり最高値更新。日経平均は、64円高の2万1702円と反発したもののNYダウと比べて小さい。

【7月5日 金曜日】日経225先物は、10円安の2万1660円、NY市場は休場。日経平均は、43円高の2万1746円と小幅続伸。米利下げ期待で、高分配金利回りのREIT(不動産投資信託)が買われる。

次ページ吉野家が久々の好決算!
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT