トランプ大統領の敵は中国でもイランでもない

米中貿易戦争やイラン攻撃の裏にある「真実」

最後に、アメリカ内の政治戦争と対外戦争の関係を象徴する逸話として、1941年の真珠湾奇襲後のルーズベルト政権内の対立を紹介しよう。

2次大戦時もルーズベルト大統領は選挙を意識していた

真珠湾攻撃を受け、アメリカは日本に宣戦布告した。ルーズベルト政権で

はスタッフが日本本土への攻撃を準備しようとしたところ、大統領は、「日本攻撃は後回し、まずはドイツを叩く」と主張した。一部のスタッフは反対したという。だが大統領は譲らなかった。

しぶしぶスタッフがドイツ上陸を検討すると、大統領は、今度はいきなりドイツには上陸せず、まずはアフリカ戦線に行くと言い出した。これにもスタッフは反対したという。だが決めるのは大統領だ。

結果的にそうすることになったわけだが、この決断の背景には、フランクリン・ルーズベルト大統領(民主党)が、ウィンストン・チャーチル英首相との事前の話で、ドイツの攻撃を受けている英国をまず救うと約束していたことがある。

ただし、翌年1942年秋に中間選挙を控え、屈強のドイツ兵にいきなり挑んで悪い戦況のニュースを流すわけにはいかないので、まずドイツよりは弱いイタリア兵が守るアフリカへ上陸し、(事前に英軍がイタリア軍を叩く)そこからイタリアを通ってドイツ本国へ入る作戦をたてることで、ちょうど選挙の時期にはアフリカやイタリアから朗報が入ることを計算してのことだったという。

後から振り返れば、戦況はその通りになった。だが、中間選挙までに海上兵站が間に合わず、朗報は中間選挙前に届かなかった。結果、ルーズベルト大統領は中間選挙で敗北した(その後、1944年の大統領選で勝利(4選)するものの、1945年4月に期半ばで死去)。 

アメリカが覇権国家である限り、世界情勢に影響を与えるのはアメリカの内戦である。その逆は、今の中国の国力でもまだ無理だと思う。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT