アマゾン「売れているビジネス書」ランキング

「経済で読み解く日本史」が4週連続1位を獲得

今週は、上位陣に大きな変動はありませんでした(画像:tomos/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、6月2日~8日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『経済で読み解く日本史』が4週連続で1位を獲得

今週(6月2日~8日)のランキングでは、『【数量限定】経済で読み解く日本史 文庫版5巻セット』(上念司著、飛鳥新社)が4週連続で1位を獲得した。特別な要因はなく、安定して注文が入っているという。

『【数量限定】経済で読み解く日本史 文庫版5巻セット』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位も、前週と同じく『実行力 結果を出す「仕組み」の作りかた』(橋下徹著、PHP研究所)がランクインした。3位も前週同様、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)だった。いずれも特別な要因は確認できず、安定した人気を保っているようだ。

前週237位から一気に23位に躍進したのが、『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』(西岡壱誠著、東洋経済新報社)だ。同書の特別版『【Amazon先行販売】書き込み式「東大作文練習ノート」つき 東大作文』(79位にランクイン)の予約開始が影響した模様だという。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。