アップル、タブー視されていた機能解禁の衝撃

WWDC19で「iPad専用OSを」発表

「WWDC19」の基調講演では新しくiPad用基本ソフトウェア「iPadOS 13」が発表された(筆者撮影)

アップルは米国時間6月3日、アメリカ・カリフォルニア州サンノゼで年次開発者イベント「WWDC19」を開幕した。基調講演ではApple TV向け「tvOS 13」、Apple Watch向け「watchOS 6」、iPhone向け「iOS 13」、そして新製品となるMac ProとPro Display XDR、Mac向け「macOS Catalina」の順で発表した。

この中でまったく新しい存在として登場したのが、iOS 13から派生したソフトウェア「iPadOS 13」だ。

これまでiPhoneとiPadは「iOS」が動作しており、アプリの多くも共通化されていた。iPhoneとOSを共通化することでスマートフォンとタブレットを違和感なく使いこなすユーザー体験を提供し、世界最強ともいえるiPhoneアプリ開発コミュニティーをiPadでも活用できるようにしてきた。

しかしiPhoneに求められる、プライバシーやセキュリティー、健康や医療などまで扱う「よりパーソナルなパートナー」として目指すゴールと、iPadユーザーが求める「コンピューターとしての高い生産性」の間にギャップが生まれてきた。そこでアップルは、iPadをより自由に羽ばたかせるべく、iOSを派生させた「iPadOS」を提供することになった。

アップルによると、iPadOSはtvOS同様、iOSと同じ「13」のバージョンナンバーを持っており、iOS 13で導入されるダークモード追加や写真やマップの進化、「Sign In with Apple」などのセキュリティー対策、アプリサイズの低減と最大2倍のアプリ起動高速化、といった進化は共有しているという。

これまでタブーとされてきた機能を解禁

そのうえで、iPhoneではこれまでタブーとされてきた機能を、iPad向けに解禁することになった。

例えばUSBメモリーやSDカードを通じたファイルの読み込みは、これまでiPhoneでかたくなに実現してこなかったiPadOSの新機能だ。実現に当たってファイルアプリも強化され、これまで対応してきたクラウドストレージだけでなく、ファイルサーバーへのサクセスも可能になった。

外部メモリーからファイルの読み込みが可能になった(筆者撮影)

これまでのiOSで写真編集アプリAdobe LightroomにSDカードの写真を取り込む場合、一度iPadの「写真」アプリに読み込んでからLightroomに再度読み込む手順を踏まなければならなかった。これは文書ファイルやプレゼンテーションのファイルにも共通していた問題で、iPad内にもクラウドにないファイルの取り扱いから、MacやWindows PCにない煩雑さを経験せざるをえなかった。

同じような作業効率性の問題があったのが、同じアプリのファイルを同時に複数開くことができないという点だ。

次ページメールを見ながら文書を作成していると…
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
崖っぷちに立つ大塚家具<br>久美子社長ロングインタビュー

父と娘が繰り広げた「お家騒動」の末、業績は悪化の一途。人材流出も止まらない。ファンドからの出資を得たが、運転資金は風前の灯だ。背水の陣を敷く大塚久美子社長の胸中やいかに。4ページのインタビューで、その強固な「信念」が語られる。