「高級派遣扱い」大手コンサルで働くジレンマ

40代の「キャリア」はどう考えればいいのか

40歳手前で大手に転職したものの、働き方に不満だらけです。40代のキャリアはどうしていったらいいのでしょうか(写真:Sunrising/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

中小企業対象の経営コンサルタントを10年やった後、38歳でビッグ4のとあるファームに転職しました。
正直、年収はたいして上がってませんし、働き方の自由度は低いし、大手コンサルファームは合ってない、40歳になってまでこんな働き方をしたくないと思いながら、早くもいかに辞めるかを考えています。
採用されたものの、社内からは所詮中小を相手にしてきたレベルの低い人材扱いされます。

私からしたら、大手コンサルなんて大手企業からしたら高級派遣扱いで、中小企業支援で得られる真の経営支援なんて触らせてももらえない希薄な味気ない仕事としか思えません。

自分の望む働き方を求めて退職することは簡単ですが、その自分の望む働き方がどこに行けばかなえられるのか、もうわからなくなりました。

独立するための顧客も大手では持って出られませんし、この先どうやって生きていこうか不安で何も手につきません。

40代のキャリアはどうしていけばいいのかヒントをください。
コンサルタント 野田

20代のような考えは通用しない年齢

40代でのキャリアの基本は、今までの職業人生を通じて経験してきたことや知識の集大成として、インプットからよりアウトプット中心へと移行することです。

したがって、仕事の基本は自分自身の職業人としての価値をもって、勤務先やクライアントに対して具体的付加価値や具体的解決策の提供を行うこととなります。

この連載の記事一覧はこちら

その年齢になってくると、ゼロベースでこれからキャリアを切り開くという考え方は一般的ではありませんし、どこに行っても問われるのは「あなたの職業人としての具体的な価値はなんですか?」です。

転職するにせよ、現在の職場にせよ、この「具体的な価値」を提供できるか否かが勝負であり、「これから勉強します」という20代のような姿勢はもはや通用しないと心得るべきです。

次ページ40代に求められること
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。