コメディアン大統領はウクライナを救えるのか

ゼレンスキー氏のポピュリズムと政治課題

しかし果たしてドラマの中のようにゼレンスキーは財閥との戦いを進めるのだろうか。ゼレンスキー自身も財閥との結び付きが指摘されているのだ。

「ポロシェンコさん、あなたはいつから財閥になったのだ。議員の時にチョコレート工場を手に入れているではないか。財閥が大統領になるべきでない」

公開討論でゼレンスキーは自らが財閥でもあるポロシェンコを非難した。

しかしゼレンスキー自身も財閥コロモイスキーとの結びつきが指摘されている。ゼレンスキーの主要な番組である『ベチェルヌィ・クバルタル』も『国民のしもべ』もコロモイスキーが所有するテレビチャンネルの1+1で放送された。大統領選挙期間中にもかかわらず、ゼレンスキーが出演する娯楽番組やドラマが放送され、ほかの陣営からは事実上の選挙広告だとの非難の声が上がった。

こうした非難に対してゼレンスキーは公開討論の中で「ピンチューク、フェルタシュ、アフメトフ、コロモイスキー、そしてあなた、ポロシェンコ、この5人の財閥がウクライナのテレビを支配している」とテレビ業界における財閥支配の現状を指摘した。テレビで仕事するには財閥と契約関係を結ばざるを得ない、と反論する。

コロモイスキーの傀儡との疑惑が浮上

しかし、ゼレンスキーが大統領府長官に任命したのはコロモイスキーの弁護士だったアンドレイ・バグダノフ。ポロシェンコと対立してイスラエルに亡命していたコロモイスキーは大統領就任式の直前にウクライナに戻っている。ウクライナの報道ではバグダノフの任命はコロモイスキーが強く要求したとも伝えられている。

コロモイスキーは英フィナンシャル・タイムズ紙のインタビューに対して、「ウクライナはIMFの返済計画を拒否し債務不履行を宣言すべきだ」と述べている。コロモイスキーの影響力について、欧米でも不安が強まっている。「ゼレンスキーは財閥の操り人形ではないか」、この疑問に新大統領は答えなければならない。

不思議なことにゼレンスキーに大統領への道を開いた『国民のしもべ』では、ロシアはウクライナを脅かす影の存在として示唆されるものの、物語の中では何も出てこない。就任演説でゼレンスキーはロシアを一言も名指ししなかった。ロシアを敵として激しく非難し、ロシアを悪とすることで政権の基盤を固めようとしたポロシェンコとは対照的だ。

次ページ注目される対ロシア戦略
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT