コメディアン大統領はウクライナを救えるのか

ゼレンスキー氏のポピュリズムと政治課題

ゼレンスキーの人生で転機となったのは、旧ソビエトで人気を博する番組『КВН』(カーヴェーン、「陽気な機知のクラブ」)への参加である。この番組はソビエト時代から続く、いわば若者グループがユーモアを競い合う番組だ。ソビエト時代のゴステレラジオを引き継ぐロシアのチャンネル1がロシアのみならず旧ソビエト全体で放送を続けていた。当時はまだウクライナとロシアは友好条約を結んでおり、兄弟国として関係が良好だった。

ゼレンスキーは故郷クリボイ・ログの仲間と「KVARTAR(クバルタル)95」というグループを作った。95番街という意味で誰でも覚えやすいようにとこの名前をつけたという。95はゼレンスキーが通っていた学校の名前からだ。クバルタル95はウクライナの予選を勝ち抜いて、КВНのトップリーグに参加した。

2000年からの3年間、ゼレンスキーはモスクワ暮らしを続けた。人気番組КВНのトップリーグに参加するのは、旧ソビエト全体に名を知られることである。ゼレンスキーはショービジネスの世界への第一歩を踏み出した。

ゼレンスキー大統領に対してロシアの政治関係のトークショーは冷ややかな論調が主流である。クレムリンお気に入りの司会者ソロビヨフは、大統領選挙の結果を認めるべきでない、とまで言った。

ショービジネスの世界でロシアとつながり

しかし同じロシアでもショービジネスの世界は違う。

ロシアのコメディアンで人気の司会者であるマクシム・ガルキンは「ヴァロージャ おめでとう。君は新たな偉大な道に待ち受けるあらゆるチャレンジに立派に立ち向かうだろう。ヴァロージャは原則をしっかり守る誠実な人間だ。君に力を、成功を祈る」と祝福した。そして、自身もドンバスでの平和とウクライナとロシアとの悲劇的な関係を正常化するために力を尽くす、と述べている。ガルキンの祝福はロシアからゼレンスキーに寄せられた最も温かく、誠実な祝福と言えるだろう。

ロシアとウクライナのショービジネス、テレビの娯楽部門は深く結びついていた。ソビエト時代からユーモア、コメディといえばオデッサだった。しかしクリミア併合に伴うロシアとウクライナの関係悪化は友好的だったショービジネスの世界も引き裂いた。ゼレンスキーは「ロシアの友人たちとは自然と関係が消えた」と述べている。ガルキンらウクライナでも人気だったロシアのコメディアンはウクライナでの公演を禁じられている。ロシアとの紛争がなければ、ゼレンスキーが政治の道に足を踏み入れることはなかったであろう。

次ページテレビマンとして成功、「国民のしもべ」が転機に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT