プーチンと金正恩、初の首脳会談が持つ意味

ウラジオストクにおける虚々実々の駆け引き

4月25日に行われたプーチン大統領と金正恩委員長の初の首脳会談。双方の狙いは?(写真: KCNA via REUTERS)

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は遅刻の常習犯として知られる。時間を守るという感覚がそもそも薄いのではないかと思う。すでに離婚したが、リュドミラ前夫人との結婚式にも大幅に遅刻して、前夫人は「泣きそうになった」と告白している。また相手を焦らせて、いら立たせて、自分の土俵に引き込むという心理戦の側面もあるだろう。ただ、プーチン大統領は会談前に相手のことを熟知したいという気持ちが強く、入念に準備するため、会談が延び延びになるのだと弁護する人もいる。

4月25日に行われた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長との初の首脳会談でも、双方の虚々実々の駆け引きがあった。

金委員長が特別列車でロシアに入ったのは4月24日。国境の町ハサンで出迎えたのはロシア政府の儀典責任者とコズロフ極東発展大臣、コジャメコ沿海地方知事そしてアジア担当のモルグロフ外務次官だった。国境の町ハサンで休息するのは祖父以来の伝統となっており、金委員長はウラジオストク入りを前にその伝統に従った。ハサンでの歓迎はハサン駅と住民が手作りで迎えたささやかだが心のこもったものだった。

取材を許されたのはロシア大統領府肝いりの番組「モスクワ、クレムリン、プーチン」の記者。クレムリンが北朝鮮側に話をつけて取材が許されたのであろう。首脳会談の舞台裏を売りとする番組の取材方法はむしろバラエティー番組に近く攻撃的だ。地元住民の準備の様子や北朝鮮御一行の、ロシアから見れば奇妙な様子を面白おかしく伝えている。

金委員長はぶら下がりインタビューの先例も受けた。「温かい気持ちでロシアを訪問した。プーチン大統領との会談では朝鮮半島情勢の正常化と2国間の発展について話し合いたい」。映像で見る限り、ロシア側SPの制止にも関わらずアポなしで質問を投げかけ、金委員長が快く応じている。ロシアのメディアは気さくに冗談を飛ばす金委員長の姿を好意的に伝えている。

待たせたのはどちらだったのか

その日の夕方、金委員長はウラジオストクに入った。ウラジオストクの駅では同じ面々が出迎えたが、こちらはクレムリンの儀仗兵もそろった公式な儀式となった。安倍晋三首相の今年1月のモスクワ訪問のような実務訪問ではこうした式典はしない。クレムリンはいまだに金委員長の訪問を単なる「visit」としていて、公式なのか、実務なのか、その定義を明らかにしていないが、儀典的には公式訪問の様式を備えていた。北朝鮮へのロシアのおもてなしの心であろう。しかし金委員長はこの後、1日近くプーチン大統領の到着をウラジオストクで待つことになる。

そのころプーチン大統領は23日から故郷サンクトペテルブルクにいた。ショイグ国防大臣が会長を務めるロシア地理学会の会合や、ロシアの地方議会を含めた議会の代表者との会合、新たな軍艦を建設する造船所への訪問などを行った。大切な賓客を極東で待たせているにしては、のんびりした日程を組んでいた。プーチン大統領が極東に出発したのは24日夜で、さらに極東ザバイカル地方での森林火災による被害状況に対応するとして、早朝チタに立ち寄った。そのためウラジオストクでの会談開始は25日の午後にずれ込んだ。

次ページ過去の北朝鮮指導者との違い
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。