「むちゃぶり」から100億事業をつくる 元HP「伝説の社員」が語る新・リーダー論(1)

拡大
縮小

新リーダーは「値踏み」されている

ここで忘れてはならないのは、メンバーの気持ちだ。

新プロジェクトが始まって不安を抱えているのは、新リーダーだけではない。同じプロジェクトのメンバーたちも「こいつは本当にリーダーをやれるのだろうか?」と心配しているはずなのだ。

新しいリーダーが誕生したとき、その人が周りから全面的に支持されているケースはそれほど多くないだろう。否定的な感情を持つまでではないにしても、多くのメンバーは無意識のうちに「様子見」している。

「この人はいったいどういう人なのだろう?」

「どういう仕事をする人なのだろう?」

「信頼しても大丈夫だろうか?」

だからこそ、リーダーはイシューから始めてはいけない。目の前の「小さなトラブル」を数多く解決し、まずは短期間で目に見える成果を出すことに注力すべきだ。 そうすることで、その成果を社内・社外のステークホルダー(利害関係者)にアピールし、彼らの信頼を獲得していく。

カリスマタイプでない人ほど、それを意識する必要があるだろう。 これまで目の前の仕事をコツコツやっていた職人タイプの人間が、リーダーになった途端、「この事業のイシューとは?」などと大風呂敷を広げても、はたから見ていて痛々しいだけだ。

「むちゃぶり」されたチームは、まず白けている

ぼく自身、リーダーになりたての頃は、とにかく「小さな仕事」に忙殺され、「大きな仕事」に取り掛かれないのがストレスで仕方なかった。

だが、あるときから180度逆の考え方をするようになった。 小さなトラブルを素早く解決し、困っているメンバーを支援しているうちに、プロジェクトメンバーや社内の中で「赤井に相談すれば、どんな些細なことでも、すぐに対応して問題を解決してくれる」という認識が広がっていったからだ。

ぼくを値踏みしていたメンバーの冷たい視線が、いつしかぼくへの信頼感を帯びるようになり、チームが好循環で回り始めた。もしもぼくが「イシュー」にかかりきりになっていれば、3カ月後にもぼくは「何がしたいのかよくわからないリーダー」のままだっただろう。

特に、このときのLinuxプロジェクトのように、スタートから苦境がはっきりしているような場合には、チームメンバーが自信を失っていたり、白けていたりすることが多い。その意味でも、まずは小さな成果を数多く上げ、チーム内に「オレたちもやればできる!」という雰囲気を高めることが有効なのだ。

そうやってチームが勢いづいていく中で、ぼくが当初に特定していたイシューも最終的には解決された。他社に負けない強固な事業体制を構築し、これがものすごい売り上げにつながっていったのである。

だから「むちゃぶり」されたすべてのリーダーに、ぼくはこう言いたい――「リーダーはイシューから始めるな」と。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT