「むちゃぶり」から100億事業をつくる

元HP「伝説の社員」が語る新・リーダー論(1)

スマートフォンOSのAndroid、グーグル検索、ニコニコ動画、東京証券取引所の取引システムなど、世界中のありとあらゆるITシステムに活用されているLinux。そんなLinuxを「最も売った日本人」と言って過言でないのが、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)伝説の社員・赤井誠氏である。
当時、国内Linux市場でも最下位クラスだった日本HPで、赤井氏は突然、Linuxの全社横断プロジェクトのリーダーを「むちゃぶり」されることになる。「リーダーに向かない人」がチームを導く方法をつづった新著『リーダーにカリスマ性はいらない』の著者が、次世代リーダーシップのあり方を語る!

 ひとりの技術オタクが「伝説の社員」になるまで

「今すぐ社長室まで来てくれますか?」

メールの発信者は、ぼくが勤めていた日本ヒューレット・パッカードで社長していた樋口泰行さん。言わずと知れた現・日本マイクロソフトの社長だ。

「来期からスタートするLinux事業の全社プロジェクトですが、リーダーをやってもらえませんか?」

社長室で待っていた樋口さんは、いきなりこう言った。

35歳だったぼくは、迷わずそのオファーを断った。

新卒でHPに入社して以来、理系出身でエンジニア上がりだったぼくは、リーダーとしての経験がほとんどゼロだった。目の前の自分の仕事にコツコツ打ち込むのは好きだったが、自分よりも年上の社員もいる20人近くのプロジェクトチームを率いて、事業を立ち上げる自分の姿など、想像すらできなかった。

思えば、学生時代に運動部でキャプテンをした経験もない。そもそも「オレについてこい!」というタイプのキャラクターではないのだ。

しかし数年後、数千万円規模だった日本HPのLinux事業売り上げは、数百億円規模にまで成長し、国内市場シェア1位、HPグローバルでも世界ナンバーワンを記録することになる。

またそれ以来、世界各国のHP社員がぼくのところに相談の電話をかけてくるようになった。彼らは口をそろえてこう言っていた。

「『何かあったらMakoに聞け』と言われたんだけど……」

次ページとんでもなく「厄介な仕事」が降ってきた……
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT