ハーバード流100倍返し!熾烈な社内政治

生き馬の目を抜く米法曹界のエリートに学ぶ闘い方

ハーバード・ロースクール出身しか採用しない

ハーヴィーとマイクの「バディもの」ともいえる本作は、演じる2人のイケメンぶりに加え、設定も一見アメリカン・ドリーム的なので、軽めのドラマに感じられるかもしれない。実際、スタイリッシュな映像に事務所の面々も美女ぞろいで、映画ネタを散りばめた弾丸トークやウィットに富んだ会話の応酬は、大人が楽しめるトレンディドラマといった印象もある。が、見た目の華やかさに反して、これがけっこうシビアな世界を描いている。

非の打ちどころのないハーヴィー(右)に対抗心を燃やすルイス(左)

まず、この事務所は名門中の名門ハーバード・ロースクール出身のエリートしか採用していない。ハーヴィーに対抗心を燃やすルイス(リック・ホフマン)という、こちらもデキる弁護士だが、ブサイク度(失礼!)といい、性格のねちっこさといい、事務所内では煙たがられている存在。

このルイスが若手弁護士たちを集めては、ハーバードをネタにしたトリビア的なクイズに答えさせる。学閥の最たる形で、はたから見ればイヤミったらしいことこのうえない。思わず苦笑いしてしまうが、あなたの会社でも似たような光景を目にするのでは!?

男の嫉妬は怖い!同僚同士でここまでやるか!?

その中でも生え抜き中の生え抜きであるハーヴィーは、事務所きってのクローザー(案件や契約を最終的にまとめる役割を果たす人)。見た目も隙がなくパーフェクトで、とにかく負け知らずなのだが、敵は外にいるだけではない。

というか、このドラマはリーガル・ドラマでありながら、法廷シーンはほとんど出てこないところがポイント。訴訟に至るまでの過程や巧みな戦略も見ものだが、同じ比重で描かれる社内のパワーゲーム、社内政治が実に熾烈で興味深いのだ。「やられたらやり返す。倍返しだ!」どころか100倍返し。それを通り越して、笑顔で「リベンジだ」と言い切る男どもの闘いぶりたるや! 男の嫉妬心とライバル心の怖さをまざまざと見る思いだ。正直、同じ会社の同僚同士でここまでやるか!?という域。

次ページ大学中退・経歴詐称のマイクはどう闘う?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT