ハーバード流100倍返し!熾烈な社内政治

生き馬の目を抜く米法曹界のエリートに学ぶ闘い方

大学中退・経歴詐称のマイクはどう闘う?

だが、エリート弁護士だからといって、安穏としてはいられないのが彼らの現実でもある。実際に弁護士は余っているのがアメリカの現状で、いかにハーバード・ロースクール出といえども、いい条件の就職や転職はかなり困難だということは、アメリカのドラマでしばしば描かれている(『グッド・ワイフ』『ザ・プラクティス』など)。

だから、彼らは同僚であってもお互いに相手のミスに付け込み、出し抜き、出資者として地位を有する弁護士=代表者と同等の権利を持つパートナーの地位を狙う。ちなみに、ハーヴィーの役職はこのパートナーである。

大学中退で経歴詐称をしているマイク(右)は、エリート集団にどう立ち向かっていくのか?

一方、マイクなど雇用された若手弁護士はアソシエイトと呼ばれ、いわば使いっ走りのような仕事もさせられる。エリート同士がしのぎを削る一方で、イチから始めるマイクはエリート集団を相手に、どう立ち向かっていくのか?

そこをビジネスパーソンにぜひ見てほしい。マイクの強みは優れた頭脳以上に、どんな扱いを受けても決して腐らず、前を向き続けるハングリー精神にあるかもしれない。  

もっとも、言いたいことをダイレクトにぶつけ合っても、お互いの能力を認め合い、基本は相手をリスペクトして「仕事は仕事」と割り切る後くされのない感じは、日本の会社事情や日本人のメンタリティとはかなり異なり、うらやましいなとも思う。

所長が女性という設定は、女性にとって痛快

エリートたちを率いる所長のジェシカ(右)

女性の視点で見ると、そんな究極のエリートたちの上司が女性の所長だという設定がなかなか痛快だ。長身に「クリスチャン・ルブタン」のハイヒールを愛用する所長のジェシカ(ジーナ・トーレス)は見た目も迫力満点で、男性陣を悠然と見下ろしては厳しい決定を下す。

もちろん、彼女にも悩みや苦労はあるが、ビジネスで成功を収めた強い女性像を前面に打ち出したキャラクターは、闘う女戦士(でもエレガント!)といった感じでカッコいい。

次ページスーツのカッコいい着こなしも見どころ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT