「残業しない=頑張ってない」という迷惑な妄想

残業しないとイヤミを言われる会社には、未来はありません。

「残業しないと評価されない職場」で残業せずに帰るには

困ってしまうのは、自分が「残業しないと評価されない」職場で働くことになってしまった場合です。最後に、その場合の対処方法を考えてみましょう。

こういった職場であまり残業をせずに、それでも自分の評価を落とさないようにするには、「あいつは早く帰るけどできるヤツ」というキャラになる必要があります。

そういうキャラになるためには、とにかく自分の仕事の「結果」をアピールすることが大切です。こういう職場では、仕事の「結果」はアピールしないと同僚や上司には伝わりません。アピールできなければ、「あんまり頑張ってなさそう」という印象で評価が決まってしまいます。それは避けなければなりません。

アピールの方法はいくつかありますが、例えば「日報」を使うという方法が考えられます。

業務終了後、1日にやった仕事を書き出して「今日はこの仕事を業務時間内にこなした」という情報をメールなどで報告できれば、早く帰っても仕事をしていないとは思われなくなります。

さらに理想を言えば、「日報」は自分だけではなく全員が送るような状況を作れると、仕事の「結果」に力点を置く評価方法をチーム全体に根付かせることができます。なかなか全員を巻き込むのは難しいかもしれませんが、一度ぐらいは「日報」の導入を提案してみてもよいかもしれません。

どうしても上司が仕事の「結果」を見てくれないというのであれば、職場を変えるという最終手段もあります。

仕事の「結果」が評価されないような職場に、どうせ未来はありません。そんな職場で意味のない残業をして自分の貴重な時間を使うぐらいだったら、新天地を求めたほうがまだマシかもしれません。

次ページ刊行記念キャンペーン中!くわしくはコチラ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT