「報われない私」と悩む30代が脱すべき思い込み

仕事も人生もうまくいく女性、3つの秘訣

今がいちばん幸せという生き方をするにはどうすればいいのでしょうか(monzenmachi/iStock)

「仕事に家庭に、自分の人生にと、一生懸命頑張っているのに、なんだか最近、うまくいかない」

「これから、どうしたらいいのか、わからない」

30代半ば以降の働く女性のほとんどが、多かれ少なかれ、このような悩みを抱えています。

こんなに頑張っているのになんで……と。

これまで2500人超の女性たちに仕事術を教え、彼女たちの真の自立を支援し、『仕事も人生もうまくいっている女性の考え方』の著者である朝倉千恵子氏は言います。

「一生懸命頑張っているだけでは認められなくなる時期が、働く女性には必ず訪れます」

「女性が年齢を重ねると、周りの目も変わります。かわいい女の子としてではなく、大人の女性としてどうか、会社であれば戦力としてどうかを見られます。頑張ることは当たり前で、結果やあなただからこそできることを求められ、これまでと同じようにただ頑張っているだけでは、 “成長していない”と、むしろ評価が下がってしまうのです」と。

大人の女性に似合う生き方、働き方をするために、“仕事も人生もうまくいっている女性がしていること”のうち、3つを教えていただきました。

他人の正解とあなたの正解は違う 

「他人軸」ではなく「自分軸」で判断する

「これでいいのかわからない」「認めてもらえていない」……。

30代後半の女性たちと話していると、そんな声をよく聞きます。

なかには、「仕事のときに本音で話したことなんてない」という人もいます。理由を聞くと、「本音で話したら、何を言われるかわからない」「評価に差し障るかもしれない」「立場的に『こういう言動を求められているんだろうな』というのがわかるから、それに沿った発言のみをしている」といった答えが返ってきました。

彼女たちに共通するのは「自分は他人にどう見られているのか」、いわゆる「他人軸」を基準に思考し、行動し、生きていることです。

「他人軸」で生きる女性は、どんなに頑張っても空回りします。いくら「◯◯してほしい」と思っても、相手には相手の思惑や都合があり、いつも自分の期待と一致するとは限らないからです。

次ページどんなに嘆いても過去と他人は変えられない
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。